ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 yururito-sengoku.com)

    「国盗り物語」を観て、信長の先駆者っぽく感じたので
    私は斎藤道三さんを推薦したいw

    ん?明智光秀?

    ああ、素質はあったかもねぇ…


    1 人間七七四年 :2017/10/05(木) 02:54:11.13 ID:v0yemfw7.net

    石田三成

    【もしも、四英傑にするとしたら…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.mag2.com)

    陸軍士官学校に入学するあたりからスタートってわけか…

    満州事変が起こる前、
    史実より10年ほど早く総理大臣になって、
    対英米関係を良好にするように努め、独伊には接近しないとか?

    それには陸軍内で絶大な求心力を確立した上で首相にならんとね…
    関東軍も暴走させんようにせんとなw

    ほんで、WW2勃発の暁には英仏側つまり連合軍として参戦する…と。

    どう? (@_@;)


    1 風吹けば名無し :2019/04/10(水) 04:17:14.59 ID:CMtqD8cz0.net

    やる?

    【1900年の東條英機になって第二次世界大戦を勝利したら100億円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 2.bp.blogspot.com)

    保元の乱…

    平氏一門は忠正以外は勝者側となり、いよいよ躍進する。

    一方、源氏は、義朝こそ勝者側だが
    父・為義と義朝以外のほとんどの兄弟が敗者となり粛清され、
    源氏一門としては大きくその勢力が削がれる結果となる。

    この点を注目して、続く平治の乱を見ると
    その勝敗の結果は必然のような気がしてくるな…


    1 名無しさん@おーぷん :平成31年 04/12(金)15:40:16 ID:Grw

    藤原、平、源いっぱいいすぎてようわからん
    天皇もコロコロ変わりすぎやろ

    【保元平治の乱あたりの出来事がどうしても理解できないんやが?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.uraken.net)

    鎌倉幕府の事例をベースにしつつ
    軍事 ⇒ 武田
    行政 ⇒ 今川、北条
    外交 大名統制 ⇒ 豊臣

    参考にしたとしたらこんな感じかな?

    織田さんは斬新過ぎて、
    あんまり参考にしなかった(できなかった?)かもなw


    1 人間七七四年 :2019/03/03(日) 19:11:20.78 ID:SOxf/LWE.net

    徳川家康が江戸幕府を開くにあたって、武田信玄の政策・統治体制を導入した部分はあるのかを語るスレ。
    原則として
    ・武田信玄独自の施策であること
     →信玄のみが行った、または信玄が最初に行った
    ・草案が信玄時代のものであるなら信玄の施策とみなす
     →信玄期に草案が作られ勝頼期に完成したものなら信玄の施策とみなすが草案が信虎期で完成が信玄期ならみなさない
    これらを満たす政策がどれだけ家康期の徳川政権に取り入れられたのか?

    【徳川幕府は武田信玄の統治体制を参考にしたか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.homedrama-ch.com)

    「男性と同じように偵察や破壊活動を行った女性忍者の存在については史料に記録がない」

    …とのこと。

    なんだ、つまらんw

    吉丸の調査によれば、創作物においてくノ一が女忍者の意味に用いられるようになったのは山田風太郎の『忍法帖シリーズ』の影響が大きい。 くノ一が女を指すのは、「女」という漢字を書き順で1画ずつに分解すると「」「」「」となるためであると思われる。 江戸期には「くノ一」は「女」を指す隠語として使われており、女忍者の意味はまったくない。
    16キロバイト (2,184 語) - 2019年3月24日 (日) 00:59


    1 名無しさん@おーぷん :平成31年 04/08(月)16:12:37 ID:pH3

    存在してたらもはや歴史がヤバすぎでしょ

    【女忍者って絶対存在しないよね?】の続きを読む

    このページのトップヘ