Anegawa_battle
(出典 i.pinimg.com)

浅井勢の織田軍への突撃、いわゆる「姉川十一段崩し」

― 織田先陣から柴田、羽柴の陣まで突き破って
信長本陣まで浅井軍が迫り、信長ピンチ!
…のところで、すでに朝倉勢を破った徳川軍が
側面から浅井勢に攻め掛かり、
一気に織田・徳川軍の勝利を決めた ―

これ、江戸時代の「浅井三代記」だけに見られる記述らしいw

三代将軍家光にとっては父方祖父の家康&母方祖父の浅井長政。
この双方をスターに祭り上げようとする意図があるのかも…


1 人間七七四年 :2015/07/04(土) 07:37:02.86 ID:IE3tWYjE.net

戦国時代の元亀元年6月28日(1570年7月30日/グレゴリオ暦8月9日)に近江浅井郡姉川河原(現在の滋賀県長浜市野村町付近)で行われた合戦である。
織田信長は徳川家康を味方につけ、一方で浅井長政は朝倉氏との連合軍で応戦し、結果は織田徳川の連合軍が勝利した。
なお「姉川の戦い」という呼称は元々は徳川氏の呼び方であり、布陣した土地名から織田・浅井両氏の間では「野村合戦」、朝倉氏では「三田村合戦」と呼んだ。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


2 人間七七四年 :2015/07/05(日) 07:22:27.85 ID:Ov6I6rt1.net

姉川の戦いでの徳川家康軍の役割について教えてください


3 人間七七四年 :2015/07/05(日) 19:23:13.87 ID:qlQY0Z9g.net

織田軍主力が横山城を包囲して
信長が自身の手勢と美濃3人衆で浅井破る間、丹羽と一緒に朝倉抑えていた


4 人間七七四年 :2015/07/06(月) 23:12:19.74 ID:/Nj2FKuF.net

姉川の戦いでは、浅井軍が
織田の旗本に直接切り掛かっているんだよな。

桶狭間なみ。


5 人間七七四年 :2015/07/07(火) 18:13:44.58 ID:5QGIf2yU.net

浅井・朝倉軍の強さってどんなものだったのですか?


6 人間七七四年 :2015/07/07(火) 23:58:01.48 ID:hwQp3Wxr.net

浅井は自領地内なので防衛にド真剣
朝倉は正直、武将クラスは真剣だったとしても
足軽レベルになると士気は低かったかもしれんね
まあ想像にすぎんけど


7 人間七七四年 :2015/07/08(水) 01:15:34.12 ID:AmNtM5vg.net

浅井領の石高は、あとで石田三成のことからみても
20万石といったところか。
1万石あたり300人動員という基準から考えると、10万石で3000人、20万石で6000人。
浅井軍は5000人ぐらいいたみたいだから、18万石ぐらいかな。


8 人間七七四年 :2015/07/08(水) 15:03:14.62 ID:zNyYNd5k.net

無理すれば(1万石あたり)400人役でも500人役でもいける感じではある
ただ自国の防衛線にしては動員数が些か少なく感じない事もないかなあ


9 人間七七四年 :2015/07/13(月) 00:32:30.06 ID:dI8J4ypp.net

http://hello.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1431689648/145

姉川で浅井朝倉と戦った際、徳川は寡兵で大勝してる
対して譜代と側近で固めた織田は三倍の兵力で辛勝
斎藤にも氏家達が寝返るまで一度も信長は勝てなかった
信長は野戦に弱い
長篠の勝因は信長より勝頼の采配ミスだし、長篠時は織田徳川連合なんで織田だけで勝ったわけではない

これって本当なんですか?


11 人間七七四年 :2015/07/20(月) 14:42:36.94 ID:abv5nu/6.net

>>7
近江の半分と考えると40万石ぐらいじゃ。
そこから西近江は将軍領と考えて、美濃近江国境付近が寝返って、
横山囲んだことで浅井領が真ん中で分断されたような形だから、
浅井領の南半分はあまり動員出来ないといった感じか。

>>9
姉川に関しては>>3だな。
斎藤に関しては野戦では勝ったり負けたり、
そもそも国力でほぼ互角で負け続けてる相手に寝返る馬鹿がいるわけがない。
長篠に関しては勝頼の采配ミスでもあるが、勝頼をその状況に持ち込んだ信長がすごいともいえる。


12 人間七七四年 :2015/07/31(金) 03:18:24.29 ID:o1iDcWHv.net

姉川の戦いは人気ないな


13 人間七七四年 :2015/07/31(金) 07:05:58.96 ID:gW6i0Ee5A

地味な戦いだからな
桶狭間、長篠に比べたらどうしたって霞んでしまう


15 人間七七四年 :2015/07/31(金) 21:02:28.95 ID:2zrq2ZUl.net

○○合戦の真実スレ多すぎ


18 人間七七四年 :2015/08/05(水) 18:42:57.34 ID:t4RIVzmX.net

信長が自身の手勢で浅井破る間、徳川は丹羽と一緒に朝倉を抑えていただけなのに。


21 人間七七四年 :2015/09/03(木) 16:10:19.75 ID:gTMMnJEL.net

浅井・朝倉がもうちょっと大大名だったらいい勝負になったろうに


22 人間七七四年 :2015/09/03(木) 22:43:53.68 ID:4CIgrPt9.net

朝倉氏自体に領土を広げるっていう発想が朝倉氏の末期以外に芽生えなかったんでは?
一応、成りあがりのエセ守護大名という立場上、周辺国を制圧して拡大していくっていうのもやりにくかっただろうし


23 人間七七四年 :2015/09/04(金) 23:19:52.47 ID:HBxAFPSp.net

隣が加賀だったからなー
義景の祖父の貞景時代の後半には一応越前統一してはいるんだが
孝景時代は周辺国に遠征はして影響力を高めているものの領土は増えていない
京と近いものだから中央の細川家の争いに巻き込まれたり
母の関係もあって美濃の争いに巻き込まれたり
義景時代になってようやく若狭を支配下にしてるような感じだが


24 人間七七四年 :2015/09/05(土) 23:54:40.28 ID:7GurYZrP.net

>>23
一応、一般的な朝倉氏の越前統一に対する認識はそういう感じなんだけど
正確に言うと朝倉氏の越前完全統一時期は1540年の孝景の時代なんだよ
戦国時代の越前は今の福井県嶺北地方よりもさらに大きくて
現在の岐阜県の一部の国人を孝景時代に傘下に収めて領土拡大してはいる


25 人間七七四年 :2015/09/09(水) 21:31:40.06 ID:fTnWqucU.net

そういえば朝倉氏は美濃の遠藤氏攻め込んだこともあるみたいだな


26 人間七七四年 :2015/09/09(水) 22:21:19.65 ID:8ufvNJTn.net

遠藤氏を攻めたというよりも
遠藤&東氏と縁組して美濃寄りの姿勢を見せた越前の国人を
越前側に引き戻すっていうのが理由だったんだろうが…
あるいはその国人が影響を持っていた宗教利権も手に入れたかったのか…


28 人間七七四年 :2015/10/01(木) 03:42:11.10 ID:jv5QFmAA.net

足利義昭いたのに朝倉が情けなさすぎる


29 人間七七四年 :2015/10/27(火) 00:33:51.96 ID:lpUfVkQ8.net

姉川の戦いで浅井・朝倉は滅んだのではない


30 人間七七四年 :2015/11/07(土) 14:51:14.02 ID:cWV+ASRV.net

同感、この戦いがクローズアップされるのは徳川軍が活躍したから、実際家康の勲章の一つだし
この戦いで戦死した浅井朝倉家の武将は多いけどそこまで大ダメージだったわけじゃない
この戦いの後、志賀の対陣とか結構織田家追いつめてるし、浅井朝倉家にとどめ刺したのは刀根坂の戦い
この戦いで朝倉家が事実上滅んだので援軍のいない浅井家も引きずられるように滅亡
もっともその前の三年間の争いで国力が衰退してたのも大きいが
ちなみに私は家康信者


31 人間七七四年 :2015/11/11(水) 15:33:01.88 ID:/1sOt8sm.net

活躍したのは高天神小笠原氏とその家臣だったんじゃ
全て三河武士の手柄にされたみたいだが


32 人間七七四年 :2015/12/15(火) 06:48:48.76 ID:igdue8kk.net

意外と地味な戦いだね


34 人間七七四年 :2016/02/05(金) 14:26:08.90 ID:H/A4E3Ah.net

この戦いで浅井・朝倉が逃げたから比叡山が焼き討ちされた


35 人間七七四年 :2016/02/25(木) 17:19:16.83 ID:+f2bk9VJ.net

浅井・朝倉が情けない


36 人間七七四年 :2016/05/26(木) 14:07:05.60 ID:LfQt1IBi.net

信長が勝って当然の戦い。
戦う意味なし!


41 人間七七四年 :2016/08/08(月) 12:55:41.01 ID:L9Dj51hT.net

浅井三姉妹が可哀想


42 人間七七四年 :2016/08/08(月) 13:17:23.66 ID:RkHuCDT7.net

グレゴリオ暦8月9日
って、明日か。
真夏の戦いだったんだな。


45 人間七七四年 :2016/11/26(土) 13:24:33.77 ID:fjDRgDJ4.net

浅井・朝倉は存在感ないからなあ


46 人間七七四年 :2016/11/26(土) 13:36:23.36 ID:tEZo+uwu.net

え?本気で言ってんの?


47 人間七七四年 :2016/11/29(火) 10:49:21.51 ID:zkiCs4+o.net

十一段破りすき


48 人間七七四年 :2017/03/02(木) 01:12:04.03 ID:Lvu174Px.net

姉川の戦いで負けて浅井・朝倉は滅んだのではありません


49 人間七七四年 :2017/03/02(木) 14:39:36.85 ID:dCUYvzYs.net

そりゃそうだろ
この後連合は大攻勢に出てる訳だし


51 人間七七四年 :2017/08/29(火) 13:31:41.73 ID:Q3qe4udu.net

俺等三河の兵が頑張って逆転起こした姉川の戦いが殿のアンチの奴等によって「後世の治世の為に、徳川が行った捏造だ!」って叫ばれるのは悲しい。しかも最近ではワイの側面攻撃も無かったことにされる始末...
アカンで。皆で擁護してくりー


54 人間七七四年 :2018/05/18(金) 23:45:58.95 ID:unLtDy2F.net

言われてきた徳川が朝倉に負けたとかそういうのでないと


55 人間七七四年 :2018/05/28(月) 14:51:21.71 ID:zUX6KUPo.net

徳川が活躍して、徳川のおかげで勝ったとしているだけ。
神君家康を持ち上げるための徳川史観。とにかく徳川史観には、ねつ造が多い。

実際は、徳川は活躍していない、
岡山に陣を張っていたけど、そこも横山城からみれば、後方の陣。

突撃してきた浅井軍は、織田本陣に突っ込んでるから、織田が崩れた。
岡山は朝倉の陣の対岸にあるが、朝倉は三田村城に籠って動かず、
浅井が退却するまで戦を見守っていただけである。

崩れた織田を救ったのは、美濃三人衆だな。


64 人間七七四年 :2018/06/01(金) 11:54:19.83 ID:3FTa6UJX.net

>>55
捏造にも理由があって三代将軍の徳川家光は戦国時代の戦の話が大好きで伊達政宗なんかの外様の勇ましい話をよく聞きたがっていた
これに譜代の大名たちが危機感を覚えて徳川譜代家臣たちがいかに家康公を助けたかという物語を作り、だから譜代家臣は大事にしてね!という将軍教育の一環から捏造が始まった
特に姉川の戦いは家光の祖父家康だけでなく母方の織田家と浅井家も関与しているので家光には身近なので家康の活躍=譜代家臣の活躍を強調すべき戦いだった


59 人間七七四年 :2018/05/28(月) 15:57:48.22 ID:YZEsMO0u.net

結果論にはなるが結局浅井勢は突入に失敗して大打撃を受けることになるが
しかも織田軍は崩されたというが坂井くらいしか被害がないから実際織田が崩れたというのも怪しい


60 人間七七四年 :2018/05/29(火) 03:06:44.42 ID:eJnp55bM.net

崩れたという表現を使ったのは、
元々の信長の本陣から、奇襲を受けて、信長は本陣はかなり後退させている。
それは遠藤の墓がある場所まで、後退していることで証明できる。
距離にして1kmぐらいあるはずで、崩されたに匹敵してると思う。

元々、信長の本陣は、横山城攻め向けのもので、
小谷城や大依山から本陣がむき出しのままで、位置的に丸見えだ。
それに、その本陣の後ろには、誰も備えがいないのだから、
浅井からみれば敵本陣が一番前に来てしまっていることになる。そこを狙った。
あの織田の12段の姉川の配陣図は間違っている。
後世に徳川史観をもとに適当に描いたものだろう。

浅井の奇襲自体は、一応の作戦は成功してると思われる。
先陣の磯野員昌が佐和山まで帰陣していることで踏まえて、
信長本陣を突き抜けたと考えられる。


62 人間七七四年 :2018/05/29(火) 09:36:24.73 ID:d/5XyFpj.net

根拠が遠藤塚の伝説だけじゃあな


65 人間七七四年 :2018/06/02(土) 10:41:09.53 ID:++4b/4FM.net

美濃三人衆は稲葉と春日局の関係もあるな




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク