(出典 www2u.biglobe.ne.jp)

4万近い秀忠軍が関が原本戦に間に合ってたら、
開戦前から東軍はかなりの数的有利だったよね…

そうしたら内応やら叛応やらの調略もさほど必要なくて、
毛利やら小早川もろとも西軍全てを殲滅させてやろう…

家康がそう考えても不思議じゃないよね。
実際に当初はそれを狙っていたのかも。

関が原の勝利は、あれで家康にとっては満足な勝利じゃなくて、それで
「真田父子は許せん。秀忠のアホめ…」
となったのかもw

ほんと、真田父子はいい仕事したよねぇ


1 人間七七四年 :2016/06/09(木) 15:51:35.58 ID:FnSBieWt.net

第二次上田合戦は、信濃国の上田城と近隣の山城周辺、上田市の東部を南北に流れる神川付近などで行われた真田氏と徳川氏の戦いの総称である。
この戦いにて真田昌幸・幸村親子は徳川秀忠軍に勝利し、足止めすることに成功。
4万近い兵を関ヶ原の戦い本戦に遅参させるという活躍をした。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


2 人間七七四年 :2016/06/09(木) 19:39:02.29 ID:L9gPTvTF.net

ウィキペディアには

しかし、実際は秀忠軍が家康から受けた当初の任務は中山道の制圧であり、
上田城攻城は秀忠の独断ではなく家康の直近の命令に沿ったものである。
家康の西進の知らせと関ヶ原への合流という新たな命令は利根川の増水により使者が遅れ、
秀忠の手に渡ったのは9月9日であり15日に関ヶ原に布陣するのはすでに不可能であった。

と書いてあるね。


5 人間七七四年 :2016/06/10(金) 22:21:52.11 ID:+1gDebFS.net

>>2
それ平山が勝手に言ってるだけなんじゃないの?


3 人間七七四年 :2016/06/10(金) 04:24:35.39 ID:/vpdijjG.net

真田昌幸は戦の天才だな。
それにしても第一次上田合戦と全く同じ戦法で負けた徳川はまぬけ過ぎる。


4 人間七七四年 :2016/06/10(金) 12:54:06.11 ID:Irr/5kjx.net

合戦があったかどうかもわかってない
囲んだだけ


7 人間七七四年 :2016/06/12(日) 13:21:03.28 ID:eRh4z1OA.net

真田得意の押しては引いて戦法に何度もやられる徳川は馬鹿


8 人間七七四年 :2016/06/12(日) 16:47:11.19 ID:hXAdK06B.net

そもそも第二次上田合戦と言えるようなものは存在しなかった


9 人間七七四年 :2016/06/12(日) 19:00:13.41 ID:QgPn7hly.net

路銀・兵糧の手当てもロクにされないまま山・谷ばかりの中山道を行かされて
モタついていたら関ケ原本戦が終わってた--というだけじゃねーの?


10 人間七七四年 :2016/06/12(日) 19:36:26.79 ID:hXAdK06B.net

>>9
路銀・兵糧は事前に大久保長安が派遣され準備していた


13 人間七七四年 :2016/06/13(月) 11:37:25.30 ID:fJ7RnKwf.net

>>9
家康があの状況であれだけの数の徳川軍をそんな状態にさせたと思えるのは家康なめすぎじゃね?
まあ単にお前の知能の問題だな


14 人間七七四年 :2016/06/13(月) 12:14:23.86 ID:AJvwFsL8.net

>>9
んなわけない


11 人間七七四年 :2016/06/13(月) 02:14:21.27 ID:hQ/xTFa3.net

正信が江戸まで戻って軍資金調達している
そのとき4日で往来している事から軍使の遅れは眉唾
また上田城は北国街道沿いというなら分からなくもないが中山道からは外れている
戦後、牧野など軍令違反で処罰、上田城の破棄、真田親子の九度山蟄居(岐阜城の織田秀信と同程度の処罰)などからそれなりの戦いが行われたと想像できる


12 人間七七四年 :2016/06/13(月) 08:31:22.99 ID:ww1/wswe.net

>>11
正信云々は江戸中期の軍記出典だから、史実とは言えない
牧野の軍令違反は深追い禁止の無視で、真田の九度山蟄居は最初降伏の意志を示したのに、直ぐに前言撤回したからだろう


15 人間七七四年 :2016/06/16(木) 22:25:35.39 ID:V3w4tspj.net

3万8千の兵で2千の兵に勝てない秀忠バカすぎる


16 人間七七四年 :2016/06/17(金) 08:02:55.08 ID:3Xi2NAnu.net

そもそも戦闘は小競り合いしかなかった


17 人間七七四年 :2016/06/17(金) 16:12:34.28 ID:9hpZiB69.net

『千人敵に向かわんより百人の横入れ然るべきのこと』


18 人間七七四年 :2016/06/24(金) 02:23:49.69 ID:6AmxtCQF.net

小よく大を制す


19 人間七七四年 :2016/06/24(金) 12:58:28.45 ID:RHXfYdVU.net

よく考えたら籠城側が根性あったら、数万の軍勢に一週間ほど耐えるって
簡単なことじゃね? いくらでもある話じゃん


20 人間七七四年 :2016/06/24(金) 17:34:29.10 ID:j8xx2mLn.net

>>19
落城するのは士気の違い?


21 人間七七四年 :2016/06/28(火) 06:35:43.10 ID:j7IDYmAC.net

>>19
鳥居元忠も1800人で四万人を相手にして二週間耐えたからな


31 人間七七四年 :2016/08/06(土) 11:47:34.04 ID:F1dCOGgA.net

>>19
簡単なことでよくある事
城攻めなんてのは事前に十分策を練って長期戦を覚悟で兵糧を蓄えて備えるもの
ただの寄り道で雑魚の真田相手を途中で中断して引き上げただけで真田大勝利なんてされてもな


22 人間七七四年 :2016/06/28(火) 06:36:47.47 ID:/NEE0cB/.net

真田軍のゲリラ戦が絶品だった


23 人間七七四年 :2016/06/30(木) 07:10:08.57 ID:j0uTSAqT.net

志賀親次のほうが上


24 人間七七四年 :2016/07/03(日) 12:51:07.91 ID:DK481uxU.net

ゲリラ戦法ってどういう戦法なのですか?


26 人間七七四年 :2016/07/18(月) 09:56:44.64 ID:jkbmIN/S.net

>>24
イメージで、小部隊によるヒットアンドアウェイの奇襲戦術を言っているのだろう。
実際の「ゲリラ戦術」とは別もんだな


25 人間七七四年 :2016/07/16(土) 21:15:23.80 ID:woQdE5KQ.net

真実も何も一次史料がほとんど無くて
軍記物に頼るしかない戦だからな


27 人間七七四年 :2016/07/21(木) 12:58:11.38 ID:pxyoKPc9.net

真田昌幸の楠木正成流ゲリラ戦術は凄かったんだよ


29 人間七七四年 :2016/08/04(木) 03:26:48.10 ID:zBKXNLfM.net

真田昌幸のゲリラ戦術は楠木正成流だったのですか?


30 人間七七四年 :2016/08/04(木) 19:47:45.03 ID:lmXppFim.net

昌幸の軍記を書いた人が太平記の楠木正成を参考にしただけやね


33 人間七七四年 :2016/08/29(月) 15:03:59.13 ID:IC6sCLbU.net

一次史料では、「昌幸が秀忠に降伏した」しかわからないのに、

真田家の嘘家譜により、何故か真田が勝ったとかいうことになってる架空の戦い


34 人間七七四年 :2016/08/29(月) 15:06:24.00 ID:IC6sCLbU.net

第一次上田合戦・・・一次史料には存在しない
第二次上田合戦・・・一次史料には「昌幸が秀忠に降伏した」というだけ

大坂の陣の幸村の活躍により、それ以前も盛りに盛った真田の嘘家譜
「手取川の戦い」と似たようなもんかも


35 人間七七四年 :2016/08/29(月) 15:06:51.84 ID:IC6sCLbU.net

あ、手取川の戦いは一応一次史料が存在してたなw


36 人間七七四年 :2016/12/12(月) 09:21:50.50 ID:pTe/w5aP.net

上田合戦が存在しなかったとか言ってる奴は頭大丈夫かね?


37 人間七七四年 :2016/12/14(水) 22:50:21.10 ID:YqB3SOtb.net

>>36
「軍記物に出ているような上田合戦は存在しない」って話だろ




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク