(出典 network2010.org)

織田軍は行き当たりばったりで、
今川軍はやっぱりどこかマヌケ…

諸説あっても、あまりこの辺のイメージは変わらんなw


1 日本@名無史さん :2015/09/22(火) 00:42:21.76

信長の正面攻撃だった。
今川は信長の動きをつかんでいたが
軍を散開させていたために対応が遅れた。
信長もまさか今川の正面だとは思っていなかった。
突っ込んでいったらたまたま今川の本陣だった。
ってほんと?

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


4 日本@名無史さん :2015/09/22(火) 11:49:42.35

まあ桶狭間は色んな考案があるからね


6 日本@名無史さん :2015/09/22(火) 17:04:37.35

尾張、田楽狭間と言ったり桶狭間と言ったりするのが
描写により違う。そこはどれぐらいの兵が駐屯出来たのか
今川軍4万の先っぽか?義元の周りには護衛はどのくらい
いたのかね。


7 日本@名無史さん :2015/09/23(水) 15:15:47.14

義元 戦況はどうじゃ。
部下 順調です。織田の砦は次々と攻め落としています。
義元 織田本隊はどうなっている。
部下 砦にはかまわずまっすぐこっちへ向かっています。
義元 防げ。
部下 突破されちゃいました。
義元 援軍をまわせ。
部下 間に合いません。
義元 ぶぎゃああああ!


8 日本@名無史さん :2015/09/23(水) 15:49:35.57

やり直し。

義元 戦況はどうじゃ。
部下 順調です。織田の砦は次々と攻め落としています。
義元 よしよし。
部下 ぐはは。敵ではありませんな。
義元 織田本隊はどうなっている。
部下 あれっ? 砦にはかまわずまっすぐこっちへ向かっています。
義元 げっ。防げ。
部下 あは。突破されちゃいました。
義元 げげげっ。援軍をまわせ。
部下 あはは。間に合いません。
義元 ぶぎゃああああ!


9 日本@名無史さん :2015/09/23(水) 16:36:40.17

やり直すほどのことじゃぁない


10 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/02(金) 07:33:39.73

桶狭間は集中豪雨の後で鉄砲は使えなかったと思うな。
織田信長は勿論、今川義元も鉄砲の名手でな。

で、咄嗟の勝負で命運を分けたのは長槍の長さではないのかな。
集団で突っ込む場合には長い槍の方が有利。
織田信長軍は今川義元軍より2尺も槍が長かったというね。

織田軍団が一丸となって敵の横っ腹本陣に
長槍で遮二無二に突っ込んだから、
アットイウマニ、今川軍を崩せたのさ。

電撃戦ではあるが、織田長槍隊の勝利なのであります!


11 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/02(金) 11:20:10.88

私は織田信長軍が予想もしないところで
現れたのは否定しないが、
でも今川義元軍もある程度の防御の体制は取れていたと思います。

アットイウマニ防御陣が崩れたのは
遮二無二に命を惜しまず前に突っ込んだのと
織田信長軍団の長槍部隊が寸時に
今川義元長槍部隊を崩したのが大きいと思います。

織田信長軍団の長槍部隊は今川義元長槍部隊より
2尺も長かったことが桶狭間の戦いの
織田軍の勝因だと思います。

兵士一丸となって密集したまま突っ込めばこれは大きい!


12 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/04(日) 07:46:33.81

前のめりになって今川義元君、
駿府から桶狭間にと向かったんだけどね。

まさか雨宿りをするために
三河に行ったんじゃぁないよね。


桶狭間の戦い改め雨宿りの戦い。


13 日本@名無史さん :2015/10/04(日) 08:29:40.66

桶狭間合戦と駿河三浦家
ttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n341132

これ面白かった
桶狭間の戦闘って実際どうだったんだろって思ってたけど
なんかわかりやすくてすんなり飲み込めた


14 ekoeko :2015/10/07(水) 20:16:42.23

信長 全軍突撃じゃああ!!
部下 無茶でございます。
信長 なにをっ! 今川の一角を崩せばよい。
部下 しゃあないな。
信長 後退し始めたぞ。行け行けっ!
部下 あれっ?。今川の本陣じゃん。
信長 ぶはぁああああっ!!!


15 ekoeko :2015/10/07(水) 20:31:05.23

家康 織田の砦は崩したぞ。
義元 よくやった。休んでよい。
家康 ほな休憩します。
部下 あれっ? 義元が討ち死にしました。
家康 なんじゃそれ。信長すごい。


16 ekoeko :2015/10/07(水) 20:37:56.38

このようにして家康が信長に乗り換えたのが日本史を大きく変えた。


19 日本@名無史さん :2015/10/20(火) 08:08:11.86

信長が山際まで近づいて、いよいよこれから合戦というときに
巨木もへし折られるほどの強風が、信長軍の後ろから今川軍に向かって吹いたから
勝てたんだろ。
信長公記に明記されているわ!。少数でも勝てるわな。


20 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/25(日) 07:56:45.25

巨木がへし折れる強風でも
織田信長軍は前進を止めなかったからな。
蟻んこさんの様に泥濘の1本道を進んで行った。

今川義元軍は豪雨で
お休みタイムに入ったんだな。
通称、雨宿りの戦い。

その前まで命のやり取りをしていたはずの
今川義元軍が、大雨で縮こまるんだから可笑しい。
^ひよこかよ


21 日本@名無史さん :2015/10/28(水) 22:48:19.07

大雨であっても、顔面に降り掛かるほどの風のある雨。味方は背中に降り掛かる雨だ。
雷雨とは違うぜ。まさに強風つきの雨だ。
信長公記に、はっきりと書かれている。
横殴りの雨・風があったんだから、これが勝利の原因だ。


30 日本@名無史さん :2015/11/21(土) 01:43:33.64

>>21
信長公記には、はっきりと書かれている。

1、織田軍が山際に到達したときに、雨が降り出した。
2、ものすごい豪雨だったので、その位置でしばし停止。
3、雨がやんだ後、信長は「かかれえ!」の号令を上げた。

雨が降っている最中は戦闘してない。したがって
>横殴りの雨・風があったんだから、これが勝利の原因だ。
これは嘘だ。


31 日本@名無史さん :2015/12/14(月) 23:44:05.59

>>30 深夜の01:43にカキコミかよ・・・まともな思考ができるのかねえ。

>> 1、織田軍が山際に到達したときに、雨が降り出した。  → 事実
>> 2、ものすごい豪雨だったので、その位置でしばし停止。 → 停止したとは書かれてない。
>> 3、雨がやんだ後、信長は「かかれえ!」の号令を上げた。 → 雨がやんだとは書かれてない。
      → 原文「空晴るるを御覧じ」とあるので、晴れ間がでたのは事実だが、
        東への雨風はまだ残っていたと思われる。


23 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/30(金) 08:18:53.51

前のめりにつんのめりながら駿府から
駆けりにかけて尾張まで突っ込んで行ったのよ。

でもね、多くの軍勢を揃えたのなら、トップが最前線に出てはいけないのよ。
戦場では何が起きるかわからないからね。
後方で味方の戦況を眺めてるだけでいいのよ。

ところが今川義元氏、興奮しきっているから最前線に出て来るのよ。
自分の手で、織田信長軍を完膚なきまで徹底的に
やっつけてやるってね。この場合、若気の至りって普通は言うけど
43歳今川義元、年はとっても気は若いという所かな。


24 なんでも鑑定団 愛のエメラルド :2015/10/30(金) 08:28:28.11

戦っていうものは勝つときもあれば
負けるときもあるっていうのが普通だよね。
でも今川義元には退却の2文字は無かったみたいね。

幾ら大軍でも雨宿りしていちゃァ敵への対応は遅れるわな。
遅れてもいいんだよ。部下が死んでもね。
でも大将が首を採られてはお終いでしょう。

負けることも想定していれば、さっさと退却することもできたでしょう。
でも雨宿りはするわ、逃げないのでは
そりゃぁ部隊は全滅するわな。


25 日本@名無史さん :2015/10/30(金) 13:27:34.26

今川軍は、雨宿りではなく乱取りしてたんだろ
それに夢中で織田軍の接近を視認しながら対応が遅れたと甲陽軍鑑に書かれてる


26 日本@名無史さん :2015/10/31(土) 21:20:39.65

甲陽軍鑑はそういうことを書いてあるから信用がない。
千人ちかくの軍勢が、武田の軍勢に紛れ込むって、人数が多すぎ。

ただ、甲陽軍鑑の記述で注目すべきは、星崎城のことを記していることだ。
藤本正行氏の本などでは、桶狭間の西は、
海の表示のままとなっているが、実際は陸地があって城がある。それが星崎城。


27 日本@名無史さん :2015/11/01(日) 17:25:59.59

>>26
紛れ込んだなんて書いてあったか?
少なくとも近づいてくる織田軍を今川方は認識してたって事は分かるけど。


29 日本@名無史さん :2015/11/03(火) 07:17:36.15

>>26 桶狭間の古地図 右側が北なので、注意。

(出典 mori-chan.cocolog-nifty.com)

後世に作られた地図なので、遠浅だった海は埋め立てが進んでしまっているが、その中に星崎城がある。
城というより簡単な軍事施設程度らしい。
信長は、朝、最前線の方に行こうとしたが、海岸沿いの道を使おうとしたものの、潮が満ちていたため
山沿いの方の道を通ることになった。海岸沿いの陸地が全没ではなく、特に川の部分が深過ぎる
だけだが。家が立ち並ぶ集落は、丸で囲まれて表示される。大高城や丸根などのあたりは
民家がなく、むしろ海岸沿いの星崎の方に民家が多いことがわかる。
実際、そっちの方が平坦だし、江戸時代にはそちらの地域が大きく発展したからだ。街道も通るようになった。
甲陽軍鑑は後世の後知恵で、星崎だの乱取りなどを付け加えただけ。


28 日本@名無史さん :2015/11/02(月) 20:22:00.88

「駿河勢の諸方へ乱取にちりたる間に、身方(味方)のやうに入まじり」とある


32 日本@名無史さん :2015/12/14(月) 23:50:25.15

そもそも原文。
「山際迄御人数寄せられ候の処、俄に急雨石水を打つ様に、敵の輔に打付くる。身方は後の方に
 振りかゝる。沓懸の到下の松の木に、ニかい・三かゐの楠の木、雨に東へ降倒るゝ。余りの事に
 熱田大明神の神軍かと申候なり。」

熱田大明神の神軍かと思うような雨と風が生じていた。
その雨と風が、消・滅・し・て・か・ら、攻撃を開始したというのか?。
「空晴るるを御覧じ」というのを、空が晴れてから=雨と風がやんでから と拡大解釈しすぎ。
雷雨のときは風雨がまだ続いていても晴れ間が見えることはよくあること。


33 日本@名無史さん :2015/12/15(火) 23:57:37.32

どんな歴史論争も、黒田日出男氏に軍配が上がります。


34 日本@名無史さん :2016/07/28(木) 21:38:38.37

今川の4万の軍勢の本陣には500騎ぐらいの腰元・・・ そこ
に信長の2千が突撃って。普通に
信長のが形勢有利じゃねーか、田楽狭間は先鋒だったの?
単に酒盛りしてる場所をハケーンした訳だ。




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク