(出典 i.pinimg.com)

「ヨーロッパ化」かぁ…
秦始皇帝が現れなければ、そういう歴史を繰り返したかもね。

あと、もし世界大戦の敗戦国になってたら、
アンシュルス禁止!ってなわけで漢民族内でも数か国に分裂してたかも…

アンシュルス(独: Anschluss、1996年ドイツ語正書法改革(英語版)以前の表記:Anschluß)とは、 「接続・連結」を意味するドイツ語の普通名詞。 1938年3月12日のナチス・ドイツ(ドイツ国)によるオーストリアの併合(Der Anschluss Österreichs an das
35キロバイト (4,743 語) - 2019年12月7日 (土) 15:27


1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 17:12:39 ID:SNol6qw+0.net

遊牧民の圧力とかいろいろあったとは思うけど、
もし中国が春秋戦国時代のように小国が群立したまま続いていた場合、
どのような国があって、どういうふうになっていたか想像してみる。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


2 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 17:49:09 ID:MDVYQM8T0.net

いずれ統一される


3 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 17:49:59 ID:vpxZ+yps0.net

ヨーロッパ化、というのがよく言われてるな


4 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 18:57:55 ID:7QjByRbd0.net

ヨーロッパってせまいのになんであんなに言語ばらばらなんだ
長安と南京で言葉が違うようなもんだぞ


5 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 18:59:20 ID:ELheF4Fz0.net

実際、長安と南京って結構言葉違うんじゃないの?


6 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 19:31:06 ID:7QjByRbd0.net

中央の役人が呉にいって言葉通じなくて困ったなんて話聞いたことないな


7 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 20:08:14 ID:vpxZ+yps0.net

通訳とか筆談とか

というか始皇帝の統一事業が有ったからある程度言語統一がなされたんじゃないのか?


74 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/10/11(木) 15:09:51 ID:HrKEf+gK0.net

>>7
中国は秦の全国統一から現在に至るまで全土で通用する統一言語は
存在してませんよ。
山一つ超えたら言葉が違うなんてのもザラでした。
現在の中国のTV放送で必ず漢字の字幕が付くのは国民全員が理解できる
言語が無いので放送の内容を漢字で知らせてるのです。


8 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 20:41:08 ID:SNol6qw+0.net

広東、福建あたりだとかなり言葉が違うみたい。
それでも筆談できるから大丈夫みたいだけど。

始皇帝の統一がなかったら、言語も地域ごとに発達して、
かなり違ったものになったかもね。

そもそも古代ローマ帝国以前の時代に、欧州の各地域の言語にどれぐらい差があったのか気になる。


9 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 21:05:21 ID:7QjByRbd0.net

始皇帝は文字は統一したけど、言語を統一したってのは聞いたことないね

前漢の揚雄に「方言」っていう物の呼称の方言をまとめた書物があるように、
始皇帝以後も方言が生きていたのはたしか

ただ、方言は方言だし、言語としてはいっしょだよね
まあ中国古代言語学の先生の本読んだらはやいとおもうけど


14 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/14(木) 18:13:08 ID:gofpl0CqO.net

>>8
ヘレニズム期ではギリシア語を公用語的に使っていたとは聞く

>>9
それを言ったらヨーロッパもゲルマン方言とラテン方言とスラブ方言があるだけとも言えないか?
方言と別の言語って区切りを何処でつけるのかは疑問だし


10 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 21:52:58 ID:g6fv6+9QO.net

連合体制が取れれば今以上に強い国になってたと思う。北京―卞京―南京―長安―成都と首都級の都市があるわけだし。


11 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/12(火) 22:33:23 ID:SNol6qw+0.net

いくつかの国に分かれていたら、それぞれの国が互いに競争し、
自国を発展させようと力を注いで、全体としては今以上に発達したかもね。
それぞれの国民意識が発達して、統一しようという意識が弱まれば、
そんなに戦乱が続くこともないだろうし。


15 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/14(木) 22:13:18 ID:4y9NRpXUO.net

アメリカンジョーク
中国分裂したとの報告受けての大統領の述懐 日本一国でも持て余してるのに。中国が効率的な国になるなんてアメリカにとって悪夢だ。


16 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/15(金) 01:58:48 ID:Q5K633G60.net

中国がいまだに魏だの呉だの職だのに分裂して最近CUとして貨幣と経済の統一を図ったら
現代中国ができるだけだな


17 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/15(金) 11:53:40 ID:kBtHh3xr0.net

戦国時代の雰囲気から、
秦、蜀、楚、呉、斉、燕、中原のちょっと統一国家、
ぐらいで更に数百年間鼎立が続けば、
それぞれの国で民族意識や独自な文化が芽生えて、
統一がかなり難しくなるんじゃない?


22 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/30(土) 00:30:25 ID:9TiMXWWn0.net

>>17
楚と呉は別かな?


18 こんな名無しでは、どうしようもないよ。 :2007/06/23(土) 07:11:33 ID:vfuvM+Dp0.net

中国が統一されていなかったら現在のヨーロッパみたいに幾つかの国に分かれていたことは
間違いない。
ただ、戦乱が多かったであろうと思う。もしそうなれば日本だってそれに対して無縁という
わけにはいかないだろうね。なんらかの形で巻き込まれていた。
中国の安定は近隣諸国の安定にもつながるわけだから。


19 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/23(土) 23:07:55 ID:ycuBW3Xk0.net

うーん
日本の場合は海を隔ててるし近代以前は逆に日本なんかかまう暇がなくなるんじゃないか?
朝鮮半島はもろに影響受けそうだけど
そうなったら統一中華文明みたいのもなかったはずだし日本の文化の発展は独自のものになってたかも


20 こんな名無しでは、どうしようもないよ。 :2007/06/24(日) 07:23:12 ID:dWGeCK1R0.net

>日本の文化の発展は独自のものになってたかも
その可能性はおおいにあったと思うね。


25 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/01(日) 00:26:56 ID:vk0dVlle0.net

ワールドカップアジア最終予選が面倒な事になっていたであろう


26 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/01(日) 00:42:34 ID:fkiFK+fJO.net

>>25
本日は秦共和国と大楚社会民主共和国のゲームです。
なんてことになったら萌えるな


27 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/01(日) 07:29:00 ID:T2GwRMb+0.net

あとの5国はユーロみたいな感じかなぁ


30 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/01(日) 20:59:32 ID:bfxQ/X5R0.net

いや秦の時代じゃなくても、やがて中国は統一されていただろう。なぜなら中国
と西欧では食料生産高が違いすぎる。数百年に一度の飢饉の時を除いて中国では
生きるために他の土地を侵す必要はない。西欧ではそうはいかない、土地が極端
に痩せこけてるせいもあって常に他の土地を攻め、攻められる側も武装し、城を
築き、かくして小国分立状態がおこる。最も豊かであったがために支那の社会
進歩が緩慢になったのも事実であろうが…


32 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/02(月) 08:48:48 ID:N/4UifeD0.net

春秋時代ってそれに近い状況なんじゃないか


34 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/02(月) 14:38:31 ID:N/4UifeD0.net

その時代だと中原あたりでそんなに分かれてちゃ、それぞれが
国として成り立たないんじゃないか?


35 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/03(火) 19:33:06 ID:hL68PXbX0.net

>>34
そのあたりが一番設定に無理があるなと思った点。

でもまあ、国の数は多くないと面白くないし、
華南になると春秋戦国期の国名が使えないしねえ。


36 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/03(火) 20:07:44 ID:bpcLqunS0.net

北部は沿海の燕や斉はともかく、他は経済的に苦しそうだ

16世紀の設定だと、現在の省がもう少しまとまった清代
の総督配置で分かれそう


37 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/03(火) 21:47:29 ID:d+MFdima0.net

広東、福建あたりは独立国ができやすそうだね。

春秋戦国時代で考えるより、五代十国時代の方が参考になると思う。


39 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/03(火) 21:58:18 ID:d+MFdima0.net

現在の省で言うと、
陝西+甘粛 = 秦
河北+河南+山東+山西 = 周
四川 = 蜀
湖北+湖南+江西 = 楚
安徽+江蘇+浙江 = 呉
福建 = 閩(ビン)
広東+広西 = 越

東北と雲南、貴州にそれぞれ異民族国家

な感じがいいかな。


52 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/25(水) 11:39:33 ID:EKPdddVG0.net

>>39
越はベトナムと一緒になれるのでは?


40 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/23(月) 22:36:31 ID:b5mEdnoq0.net

みんなヨーロッパと言うが
中国が統一されていなかったらアフリカのようになっていたに違いない


41 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/23(月) 22:41:08 ID:ZqEey9DT0.net

>>40
ヨーロッパには・・なっていないな流石に。
たぶんアフリカやリアル北斗の拳になるだろうな。
北京政府がケンシロウの役割だと思う。


42 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/23(月) 23:25:04 ID:eijs2mmA0.net

ヨーロッパだって全体がまともになったのはわりと最近だしね。
中国の場合、初期の文明を上手く受け継げるのはどの地域になるだろう。
北方はすごく乱れそうなんだけど。


44 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 01:35:08 ID:y4yLyvy70.net

アフリカいうても広いからなあ


45 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 07:35:16 ID:kmdKuq390.net

いくらなんだって、戦国7国がそのまま時代を経ても
エジプトとマサイやピグミーの違いはでないと思う


46 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 08:55:31 ID:d+7+XujJ0.net

後代になると、
中原は統合され、南方にいくつかの国が乱立、
ってパターンになるんじゃないかな。

長江以南の国々が、北方からの脅威に対処するために、
春秋時代のような状況になったりしてね。


47 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 15:05:20 ID:kmdKuq390.net

それはまさに五代十国


49 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 16:38:30 ID:gj4EOkxY0.net

統一期間が長いという歴史的にも、デコボコの少ないという地形的にも
中東と比べるほうが良いと思うけど。


50 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/24(火) 22:20:56 ID:eHFugpis0.net

晋の分裂が無かった方が面白くなっただろう

晋秦斎楚の四国時代が長く続きそれぞれがより発展しただろう。


53 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/25(水) 20:32:43 ID:MqD/jycn0.net

>>50
斎は燕を併合、朝鮮半島に進出。倭と通商
楚は交州に吸収。東南アジア及び倭と通商
秦はシルクロードを制圧。インドと交易
晋は宋、魯を併合。匈奴と同盟


61 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/28(火) 22:37:11 ID:PNsqpBI/0.net

>>53
楚は道教を国教とし
秦は仏教、法家を根幹に据え
晋は儒教
そして斎は富国強兵路線を継続してついに資本主義国家へ   つづく


51 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/25(水) 09:58:21 ID:3pGDD17d0.net

燕を忘れないで


54 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/25(水) 20:58:15 ID:3pGDD17d0.net

そう簡単に燕併合できるか?
戦国時代にできなかったものが


55 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/19(日) 08:48:59 ID:5YZjLQHH0.net

斉が燕を併合か、燕が斉を併合かは分からないけど、
開発が進んだ後世なら往来も容易になるだろうし、できるのでは?


58 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/27(月) 22:39:24 ID:yS/jLuSB0.net

分裂時代の中国のほうが好きなのは俺だけか


62 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/28(火) 23:30:54 ID:71csGcs60.net

>>58
基本的に、

分裂 = 乱世

乱世 = 面白い

だから、普通じゃない?


59 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/28(火) 02:06:52 ID:EPhs4sR10.net

中国史で好かれるのなんて春秋戦国漢楚三国志五胡十六国etcetc全部分裂の時代な気がするんだが


60 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/28(火) 15:26:34 ID:dtO2qOFJ0.net

ただ三国時代と春秋戦国では同じ分裂でも意味合いが違うような
統一が正常という概念がある上での分裂時代と分かれているのが当たり前
という時代と


64 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/30(木) 14:56:38 ID:1ZhaD2YQ0.net

分裂したままの中国ってそれなりに発展できていたかな?


65 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/30(木) 22:18:09 ID:mnLh0pcg0.net

諸子百家が千家になっていた


66 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/16(日) 15:29:54 ID:1N6bESDJ0.net

分裂させるんだったら春秋戦国じゃないほうがよくないか?
春秋戦国だったら、楚が圧倒的に有利でしょ。それに、戦国時代の統一は
世界史的に見て必然。


67 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/16(日) 16:04:53 ID:1ENT+hq/0.net

分裂させるわけじゃなくて、一度も統一を経験しない状態に
おいておいたら、ということだから、春秋戦国時代を出発点
にするより他ない


69 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/26(水) 23:50:09 ID:rDfF/AfI0.net

モンゴルと中国の境に、ヒマラヤ山脈級の高山地帯があったらどうだろう。
遊牧民の侵略がなければ、統一する必要性はかなり減るし。

ただ、気候も変わりそうだけど。


70 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/29(土) 15:08:04 ID:wQaYMfaD0.net

シナに統一国家が生まれた背景には
漢字という表音文字の存在が大きい
事実上別の言語だった大陸で遠方まで命令を伝える手段としては
非常に有効だったはずだ
よく古代を舞台にした映画や漫画で王と説客が会話してるけど
あれだっておそらくは筆談(しかも字を変換する通訳をはさんで)だっただろう
呂不偉のような商人が宰相になったのも諸国の言語を操れた(であろう)
ことが統一をたくらむ秦にとって必要なことだったに違いない


73 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/30(日) 15:03:28 ID:eEeN1RI1O.net

>>70
>漢字という表音文字の存在が大きい

漢字は表意文字でしょ
表音文字は仮名やアルファベットなど意味をともわない発音だけの文字

ケアレスミスか?


89 名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/03/29(日) 05:06:34 ID:QharpyIW0.net

>>70
いや、それは因果関係が逆だろう
黄河と長江の間にアルプスのような山脈があったら分裂していた可能性は高い


71 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/30(日) 12:49:34 ID:hlfAe/gw0.net

今でも北京語と広東語じゃ、発音聞いているだけだと、
全く別物だもんな。


75 漢の献帝 :2007/11/09(金) 08:07:35 ID:FHqmm7/z0.net

劉備と諸葛亮の隆中対でも筆談だったと言う事か? 
筆談で天下三分の計を熱く語ったと言う事だな?


76 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/11/09(金) 17:02:49 ID:W1RZHXor0.net

北京語と上海語だと、聞いていて何とか同じ言語だと分かる程度の違い。
日本の方言ぐらいじゃないかな。

広東語は別言語にしか聞こえなかった。


78 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/12/01(土) 11:50:34 ID:r6zj+jO60.net

でも統一前は文字も違ったんじゃないか?


81 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/12/01(土) 19:13:28 ID:Q4OASiME0.net

儒教がスルーされて老荘満開の時代かあ。
それはそれで面白そうだな。


84 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/01/03(木) 13:55:29 ID:WO5n/hca0.net

でも江南の政権は軍事的に弱体な場合が多いよね。


85 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/01/05(土) 11:13:59 ID:3iUmsdUy0.net

>>84
そりゃ遊牧民の場合日常の生活が軍事演習みたいなものだからねぇ・・・


86 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/01/31(木) 23:38:30 ID:pdDuTecZ0.net

楚が長江以南を押さえて強大化すれば、中原諸国は北の遊牧民と挟撃されて、
一つにまとまらざるを得なくなるな。


87 名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/01/10(土) 14:50:43 ID:3gsbzk9u0.net

中国内地の分裂で可能性が高いのは
やっぱり、華北と江南に分裂することかな?

華北辺りは「征服王朝」に征服されたり、あるいはその一部と化していそうだけど
一方の江南はともかく、華南や南西中国は東南アジアと近い存在になりそうな


90 名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/06/02(火) 00:19:57 ID:YG8y7dbY0.net

とにかく現在は
満洲、内蒙古(モンゴルと合併)、ウイグル、チベットその他自治地区が独立
華夏も南北に分かれていた方が世界の発展のためには良い


91 名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/06/21(日) 19:09:48 ID:S/vRDpGT0.net

なんか分裂して戦争さえしていれば、勝手に思想や技術が発展するみたいに
なってるけど、もちろんそんなことはありえないよ。
まあ分かってるだろうけれど。
それに、そもそも現代までの中国だって、分裂しなかった中国だって、
世界に多大な影響を与えているよ。


92 名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/06/21(日) 19:14:43 ID:S/vRDpGT0.net

ただ東アジアを活性化させたいだけだったら、中国より満州地方を
分裂させたほうが面白いことになると思う。


93 名無しさん@お腹いっぱい。 :2010/09/07(火) 21:53:36 ID:YZckRc160.net

・・・統一されずに存在した結果が、ヨーロッパだよ。
おそらく、思想や学問は百花繚乱だったろうね。

でも、勃興期の日本にとっては、あまり歓迎されない状態だとは思う。


94 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/07(土) 18:16:54.46 ID:Zhm4HYva0.net

「中国」が山陰と山陽の総称という意味で使われることが多くなる。


98 名無しさん@お腹いっぱい。 :2016/02/20(土) 20:21:21.18 ID:BzOp0MYH0.net

春秋戦国 小国分立 600年
秦漢 統一 400年
三国五胡 小国分立 200年
南北朝 南北分裂 200年
隋唐 統一 300年
五代 小国分立+南北分裂 100年
北宋 一応統一 北部失う 200年
南宋 南北分裂 200年
元 統一 100年
明 統一 300年
清 統一 400年

かなり約したけどこんな感じか
統一1700年 分裂1300
元以前だと統一900 分裂1300 で分裂期間のが長い


99 名無しさん@お腹いっぱい。 :2016/02/20(土) 22:19:35.31 ID:d22zVFMC0.net

春秋戦国をカウントするなら西周も統一にカウントするべきでは?


100 名無しさん@お腹いっぱい。 :2016/02/20(土) 22:48:32.20 ID:BzOp0MYH0.net

あーそうだな存在を忘れてた
300足して統一がほぼ同じになる
それにしても統一が常態化するのは元以降なのかもしれない




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク