(出典 weblio.hs.llnwd.net)

個人的には「浅井長政が生き延びて大坂城に入場したら」・・・
の方が興味ある。

秀頼公のために粉骨砕身の活躍が期待できる(か?)
なんせ、お祖父ちゃんだから・・・w

淀殿もパパの進言なら従うかもしれんしー


1 人間七七四年 :2010/01/24(日) 12:28:13

どうなるか語りましょう。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


108 人間七七四年 :2011/09/23(金) 00:27:21.16

>>1
大勢に何ら影響は無いと思う


112 人間七七四年 :2011/09/25(日) 02:48:15.10

>>1
一兵卒として頑張るでしょう。


164 人間七七四年 :2014/06/01(日) 06:19:06.20

>>1
いくら、若かったとはいえ、馬防柵に突っ込むような武将だからな。
むしろ、上杉謙信の方が、ふさわしい。


3 人間七七四年 :2010/01/24(日) 13:08:48

家康がう〇こもらしながら江戸へ敗走


5 人間七七四年 :2010/01/24(日) 18:54:56

天目山より泳いで参った!!


10 人間七七四年 :2010/01/25(月) 06:10:25

立場的に、浪人や元大名の筆頭になれそうだが、淀や大野の意見を押し切れる?


11 人間七七四年 :2010/01/25(月) 08:58:58

だが、勝頼が生き延びていたら家康に取り込まれてるような気がしないでもない。


13 人間七七四年 :2010/01/25(月) 16:29:08

源氏を詐称した家康にとってはいやな感じやねw


14 人間七七四年 :2010/01/25(月) 17:04:00

それなりに武田の遺臣くるかなぁ

大野さん殺して、真田、後藤、毛利、明石で権力独占すればいいんじゃね?
長曽我部はまぁ…
なんというか…


15 人間七七四年 :2010/01/26(火) 13:32:58

大阪に入るまで何やってたんだって話になると思う。


16 人間七七四年 :2010/01/26(火) 16:06:48

信長死後に武田マニアの家康さんに真っ先に取り込まれてそうだけどね


17 人間七七四年 :2010/01/26(火) 17:29:59

勝頼がどの時点で、歴史から姿を消して大坂に入ったかによるよね。

武田征伐の終わりでひそかに生き延びれば、徳川にはつかないでしょ。


18 人間七七四年 :2010/01/26(火) 23:30:03

徳川側の武田旧臣はどうするだろうな。


19 人間七七四年 :2010/01/27(水) 17:35:48

武田の旧臣には期待出来ないような。


20 人間七七四年 :2010/01/27(水) 17:42:43

「諏訪殿」とか呼んでそう>家康配下の武田旧臣


21 人間七七四年 :2010/01/27(水) 18:17:15

石川数正が出奔した時点で勝頼が生きていたら、
家康も甲州流軍法に切り替えるワケにも行かなくなって
そのまま秀吉に滅ぼされてるんじゃないか


25 人間七七四年 :2010/01/31(日) 15:00:32

勝頼もいいが、やはりここは息子に追放された後、諸国漫遊しながらたまに軍師も
やったりした信虎公で。


27 人間七七四年 :2010/01/31(日) 17:18:06

>>25
豊臣家「ここ老人ホームじゃねーからwww」

大阪の役まで生きてたとしても120歳だぜ


26 人間七七四年 :2010/01/31(日) 16:13:55

勝頼生きてたら何の縁もない豊臣なぞより武田マニアの家康のとこに行くだろ


28 人間七七四年 :2010/02/01(月) 15:55:29

微妙じゃねーかな
確かに100万石の大名格は凄いけど長篠でボコラレてそのまま滅亡のイメージが強いし
出来れば生き延びて秀吉時代から臣従、関が原に2万で参陣とかのほうが


29 人間七七四年 :2010/02/05(金) 02:05:54

問題は淀殿だな


32 人間七七四年 :2010/02/07(日) 03:48:55

東軍の大筒をなんとかしないと誰が入場してもダメだろ。
講和後、堀を埋められて裸城になってしまうからなぁ。


33 仙台藩百姓 :2010/02/07(日) 09:03:22

大砲より講和を言い出す連中が問題なのだお( ^ω^)
この時代の大砲では木造建築物ぐらいなら破壊できるけど炸裂弾じゃないから殺傷能力は殆どないし
大坂方も大砲は結構保有していて東軍方の陣地に当てているけど
土塁で防がれて殆ど効果なかったお( ^ω^)
大坂方にしても天守に当たって大騒ぎにはなったものの城自体の防御力に関しては無傷に等しいお( ^ω^)


34 人間七七四年 :2010/02/08(月) 21:35:38

勝頼は木村のお守がてら景勝蹴散らして悠々と大阪城に帰城
篭城のイメージがないからとりあえず野戦で頑張って欲しい


36 人間七七四年 :2010/04/26(月) 01:36:03

せいぜい三好入道と同じ扱い程度でしょ。
で後日なぜか家来筋のはずの真田の十勇士に成り果てたりして。


37 人間七七四年 :2010/04/26(月) 08:58:53

勝頼公が野戦で暴れてる間 真田は真田丸でお留守番


38 人間七七四年 :2010/04/26(月) 12:08:01

まぁ明らかな大名格だからなぁ
浪人筆頭としてかなり重きを成したんじゃないか?
大名としては不遇だったけど一大将としては有能だったし


39 人間七七四年 :2010/04/26(月) 12:52:54

勝敗はともかく士気は上がりそうだな
豊臣方の看板武将になるだろうし徳川方への宣伝材料になるね
勝敗は別物だけど


41 人間七七四年 :2010/04/27(火) 11:18:34

勝頼は果断だからな 攻め時と思ったら鎧もつけないで相手を攻撃する天性の猛将


42 人間七七四年 :2010/05/01(土) 12:43:24

家格・名声・経験・年齢・能力・勇猛さ

生きていたら
大坂方に並ぶ者なしだなぁ


47 人間七七四年 :2010/06/26(土) 12:34:06

まぁ関ヶ原あたりになってくると本物の戦国経験してない大名が増えてきて
大阪の陣なんかでは殆ど実戦経験なしの2代目とかだからなぁ
勝頼みたいな修羅場くぐってきてる奴で大名格なら後藤又兵衛とかでも進んで指揮下に入っただろうな


48 だぅ :2010/06/26(土) 13:10:22

勝頼では家康には勝てんよ


54 人間七七四年 :2010/06/26(土) 16:57:15

徳川氏配下の旧甲斐系家臣は主に井伊の組下に配属され俗に言う井伊の赤備えの
基盤になっていたというし、石川数正離脱後の徳川軍法は旧武田の軍法を基にしたともきく

甲斐という地理的要因もあるけれど復活した家臣団の再編成で旧家臣団の移籍をも
求めたと仮定すれば
それからおよそ10年後の徳川軍は石高からくる兵数の多さはともかく内情は精強とは程遠くなる
西進するのに中山道は事実上選択不可能で、軍法は三河式なら石川数正により武田式なら
勝頼により筒抜けな状態で、小田原征伐以降ろくに合戦経験がない将や兵で構成される

もちろんいわゆる西軍についたとしての話だが


58 人間七七四年 :2010/06/29(火) 10:58:42

>>54
逆に東軍についてたらとんでもないことになるな


59 人間七七四年 :2010/06/29(火) 11:14:26

>>58
福島みたいな低レベルの猛将じゃないからなぁ


94 人間七七四年 :2011/07/07(木) 11:41:58.20

>>54
降伏と国替えで、甲斐の旧家臣団とは一度縁が切れた方が勝頼は実力発揮するんでない?


56 人間七七四年 :2010/06/27(日) 18:53:21

1570年代からの熟練武将となると家康と藤堂と勝頼ぐらいなもんだからな。
家康が成長したように勝頼も成長してるだろうし勝頼にそれなりの兵力と指揮権があればおもしろいな。


57 人間七七四年 :2010/06/29(火) 01:29:29

案外鴫野あたりで戦死しそうな気もするが


63 人間七七四年 :2010/07/02(金) 14:32:39

生きて大阪城に入城→\くせ者じゃーっ!/→捕縛→名乗るが嘘だと思われる→斬首
というのもありかと
まずどういう状況で入城したんだ


65 人間七七四年 :2010/07/02(金) 15:11:23

この頃生きてれば70歳くらいか
まぁ最前線に出る感じじゃないわな
でも浪人を束ねるには格も実績も十分なような
実際家康には負けてないんだし


71 人間七七四年 :2010/07/03(土) 13:27:40

大坂方にもまともな戦略家は居ないけどな
戦術家はたくさんいるけど・・・
大坂の陣くらいなら戦術的勝利で戦略的勝利に結びつけられるかもしれないが
幕府側が鴫野で負けて真田丸でも負けたとなると積極的に前に出てくる藩は居ないんじゃないかな?
旗本はあの体たらくだし


80 人間七七四年 :2010/07/29(木) 21:58:29

左翼 立花宗茂 2万、副将木村重成、後藤基次に5000ずつ配備
中央 武田勝頼 3万、参謀に真田昌幸、真田信繁に8000配備
右翼 長宗我部盛親 2万 副将明石全登に8000配備

これで弱小関東兵が20万いても勝てる。


85 人間七七四年 :2010/11/20(土) 10:07:46

>>80
それ最強じゃんw
家康が小便ちびって一目散に逃げるレベルだよ


93 人間七七四年 :2011/07/03(日) 12:48:12.12

>>80
勝頼ほどの大大名格の武将がいればあんな軍議にはならずに瀬田で決戦してたかな


209 人間七七四年 :2018/12/28(金) 14:39:15.40

>>80
毛利勝永……


81 仙台藩百姓 :2010/07/31(土) 08:16:29

死んだ人を生き返らせなくてもあと5万も兵がいれば勝てたお( ^ω^)


84 人間七七四年 :2010/08/04(水) 20:49:27

結論としては勝頼が5万人、入城すれば勝てたということか。


89 人間七七四年 :2011/02/12(土) 02:59:09

勝頼と信繁のダブルアタックで大権現も思わず焼き味噌


95 人間七七四年 :2011/07/07(木) 13:46:23.66

勝頼は武田家当主としては義信事件とかの煽りで立場が確立されてなかったからな
武将としての能力は確かな物があったんだからここが死に場所の浪人衆束ねて戦った方が良さそう


96 人間七七四年 :2011/07/08(金) 09:50:19.56

関ヶ原の毛利輝元と違って勝頼は肝が据わってるだろうね
もう完全に死に場所だし
ついでに真田昌幸も生きて入場してれば完璧なんだが


97 人間七七四年 :2011/07/12(火) 15:45:40.54

大阪城に入城するって事は浪人って事だろうが、いつ浪人になるのかが問題だな。
武田攻めの時に国を失ったが生き長らえたのか、
織田や豊臣に帰順した後に改易されたのか、
関ヶ原で西軍についたために改易されたのか。

そもそも武田が西軍にいれば西軍が勝ってそうだが。


103 :2011/09/22(木) 23:08:05.32

勝頼が生きてても長篠の戦のように正面から無策に敵に突っ込んで終わりじゃないのかw

大した戦力にならんと思うけど


104 人間七七四年 :2011/09/22(木) 23:16:05.47

武田攻めの時に国を失ったが生き長らえたということにして、その場合武田旧臣はどうするんだろう?


117 人間七七四年 :2012/01/24(火) 15:20:45.68

家康って勝頼と昌幸には痛い目にあわせられっぱなしだからなぁ


118 人間七七四年 :2012/02/04(土) 20:33:30.52

「武田が大坂城に入場した」
という報を耳にした大御所・家康は思わず
「それは父親の方か、それとも息子か」
と問い、身を震わせた。
息子と聞きかされ、ようやく一安心したという。


119 人間七七四年 :2012/02/04(土) 21:52:42.75

武田勝頼が入場したら格的に浪人衆筆頭だろうね
武田勝頼、真田昌幸・信繁、後藤又兵衛、毛利勝永
こえぇえええええええええええええええ


120 人間七七四年 :2012/02/04(土) 22:11:11.32

三方が原を思い出し、また脱糞する家康


125 人間七七四年 :2012/05/07(月) 12:52:10.45

勝頼・昌幸コンビと家康の対決とか胸熱だなぁ
勝頼みたいに数万の軍勢を当たり前のように運用していたような大名格は他に居ないし
浪人衆を取りまとめるには最適だわな


127 人間七七四年 :2012/05/19(土) 09:07:48.16

武田勝頼が生きていたとしても旧臣の大部分は勝頼にはつかないだろ。
豊臣系大名が秀頼につかなかったように武田旧臣も勝頼にはつかない。


128 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/05/19(土) 13:05:30.54

もう完全に徳川に取り込まれてるからなあ


129 人間七七四年 :2012/05/21(月) 03:47:48.64

勝ち負けはともかく絵になるのは間違いない


130 人間七七四年 :2012/05/21(月) 21:06:45.31

でも武田旧臣に説得されて徳川に味方する可能性もあるかも


134 人間七七四年 :2012/05/30(水) 22:21:39.60

>>130
そいつら天正10年にそっぽ向いた奴らだろ。


136 人間七七四年 :2012/05/31(木) 00:13:42.30

>>134
寝返ったのは小山田穴山木曽小笠原とかいった連中だろ


139 人間七七四年 :2012/06/01(金) 03:11:33.80

本人確認取れないじゃん


140 人間七七四年 :2012/06/30(土) 04:51:49.53

一理ある


160 人間七七四年 :2014/05/11(日) 03:35:51.28

勝頼が1614年まで生きていたとして、はたして鉄砲中心の戦争に対応できるのか?
これが1番の課題だよね。
いくら元大大名の名家で昔の野戦が得意だったといっても、中身が時代に追いついてなければ、
大坂城にめんどくさい老害が一人増えて、大坂の陣が大規模な長篠合戦になるだけになっちまう


163 人間七七四年 :2014/06/01(日) 03:19:57.40

あの時代の30年の戦術の進歩は大きいよ。
攻め側なら、まず最初に敵の守陣のどこを鉄砲隊で崩すか。
守る側などこに重点的に鉄砲隊を敷くか、敵の鉄砲隊にどう対応するか。
これが最も重要な判断になり、それを学ぶのに実戦程いい場所はない。
実際に大坂の陣でも実戦を知らない若い将より歴戦の将の方が上手く立ち回ってるわけで、
勝頼にもし30年のブランクがあれば、大きなハンデになることは間違いない。
逆に、もし1580年代以降も現役の将でいたなら、最強クラスの戦力になったであろう。


168 人間七七四年 :2014/08/24(日) 11:22:11.50

生き延びて・・・だから、天目山の戦いで大名としての甲斐武田家は滅亡して、
勝頼1人が落ち伸びて、落ち武者狩りから逃れつつ、密かに大阪の陣まで生き
延びて、大坂城へ入城しました・・・ということだろう。
武田家の元家臣の生き残りの多くは徳川家に仕官してしまってるし、時代も変
わってるから、「今さら冒険したくない」と思うだろうから、勝頼が大坂城に
入ったという知らせがあっても無視するだろうな。
大坂城内では、関が原合戦まで大名だった人物や元大名の有力な家臣だった人
物が大将格になったが、勝頼は天目山から30年余りも浪人をしていたわけで、
「いまさら」感が強すぎて、一兵卒にしかなれないだろう。
一兵卒なら上の指示通りに行動しなければならず、「武田の」だの「甲州の」
だのを語っても誰も相手にしてくれない。「言う通りに動けよボケ」と言われ
る。
そういうわけで、もしも武田勝頼が天目山から生き延びて、大坂の陣で大坂城
へ入城していても、入城したのかどうか、死んだのかどうか、後世には語られない。


169 人間七七四年 :2014/09/10(水) 12:42:55.28

それを言ったら始まらないし、「武田」という家名の威信を軽く見すぎ。
実際に前線で兵を任せられるかは分からないが、
豊臣側の重鎮として歴史に名が残るのは確実。

ただ、どうせなので元家臣の徳川家臣化を抑止するプロットも考えてみた。

甲州征伐が始まり、信濃と駿河がほぼ陥落(ここまでは史実通り)
→この時点で勝ち目無しと早期に判断して重臣達と善後策を協議(ifの部分)
→織田への降伏は勝頼と信勝の命が危険、徳川は格下として、北条への降伏が最もよいと判断
→氏直、降伏を申し出てきた叔父の勝頼を丁重に迎え入れる
→甲斐・上野が北条領に。織田も同盟相手の北条には手を出せず
  武田の家臣の多くもそのまま北条に
→勝頼は小田原で隠居生活。信勝が北条親族衆格となり武田旧臣をまとめる立場に
→本能寺の変、秀吉台頭などは史実通り
→秀吉による小田原征伐開始
→勝頼・信勝は善戦するも、史実同様に氏政らの切腹で終結
→勝頼・信勝は氏直同様に高野山から豊臣配下の小大名ルート。武田旧臣も多数が従う。
→関ヶ原では徳川との過去の遺恨から西軍につくも、大坂城で終戦を迎える。改易。
  武田旧臣離散。
→大坂の役に参戦。浪人の旧臣も集まる。他家に仕官済みの旧臣は半々。
→浪人衆でも最強クラスの部隊として善戦→勝敗は・・・


173 人間七七四年 :2016/02/21(日) 00:25:14.39

こっちはリアルに家康が親か子か?って言いそうだよな


174 人間七七四年 :2016/02/21(日) 03:47:21.11

よくよく考えれば勝頼が無能のわけないよな
無能だったら信玄が死んだあと9年間も武田家を治められるわけないよ


175 人間七七四年 :2016/02/21(日) 06:36:01.40

まあ勝頼がどんなに有能でも限界はあるよ、例えば武田の家中じゃ外様が重用されないからね
跡部や長坂より真田昌幸や岡部元信を重用した方がよっぽど勝頼の未来は明るかっただろう


176 人間七七四年 :2016/02/21(日) 17:00:46.74

徳川家臣「大御所様!密偵からの報告によりますと、
                  武田が大坂城に入城したとのことです!」
古狸「な・・・なんじゃと!?(ガクガク・・・)
    し・・・してそれは父(勝頼)か?子(信勝)か?」

パターンA
家臣「はっ!入城したのは子の信勝であるとのことです!」
古狸「ふぅ~、そうか・・・あいわかった。報告、ご苦労であった」

パターンB
家臣「はっ!どうやら父の武田勝頼が入城し、
    大坂城の南側に武田丸なる出城を築いて籠ったとのことです!」
古狸「ぐぬぬ・・・!よいか、決して武田の兵とは矛を交えてはならぬと
    全軍に申し伝えよ!おのれ武田め!
    またも儂の前に立ちはだかるというのか・・・。
            これで勝敗は完全に読めなくなったわ・・・」

パターンC
家臣「そっ・・・それが信じられないことなのですが、
    信玄公とおぼしき御人が赤備え隊を引き連れて入城し、
    既に大坂方の全権を掌握して我々を待ち構えている模様です!」
古狸「し・・・信玄公ぉ~~~!?こ・・・殺される!ガクガクブルブル・・・・
    撤退じゃ!早よ馬を出せ!赤備えが来るぞ!早くせんか!
    ヒャ~~~!ブリブリブリ~」


180 人間七七四年 :2016/07/20(水) 00:57:02.38

武田勝頼は1546年生まれ
数え年で冬の陣が69歳、夏の陣が70歳
立派なおじいちゃんです


181 人間七七四年 :2016/07/20(水) 01:51:22.67

だから何だよw
ジジイでも活躍した武将なんていくらでもいるだろ龍造寺家兼・朝倉宗滴・長野業正・三好政康


182 人間七七四年 :2016/07/20(水) 18:53:17.76

でも逆に言うと数えるぐらいしかいないとも言える
人の健康と寿命ばかりは神のみぞ知るところだけど、当時の寿命と健康状態を鑑みるに
仮に甲州征伐で生き延びていたとしても大坂の陣までには死んでいたか
生きていたとしても戦場で指揮をとれる状態ではなかった可能性の方が高いだろうな


194 人間七七四年 :2016/11/27(日) 22:42:26.69

今川氏真が関ケ原後まで生き延びて徳川から所領をもらってるんだから、
同じように徳川に因縁を持つ勝頼が豊臣に加担して家康に歯向かうってことはありうるのかね?


195 人間七七四年 :2016/11/28(月) 08:56:49.72

さすがに10年間戦い続けた徳川に与するのは無理だと思うけどな


197 人間七七四年 :2017/03/01(水) 23:21:39.89

豊臣秀頼と武田勝頼の境遇があまりに似すぎててワロタw
敵方の娘の産んだ子で親の死後家臣団が離反。
おまけに○頼と名前も同じだし。


198 人間七七四年 :2017/03/04(土) 21:26:26.35

名前に頼とついている人は、頼れない法則


201 人間七七四年 :2017/04/17(月) 10:14:59.67

真田昌幸が死せず大坂入城するIFの方が楽しそう。


203 人間七七四年 :2017/07/17(月) 16:10:55.78

勝頼が大坂方について活躍したとして、万が一勝った場合はどうなるんだろう。

武田の旧領である甲斐・信濃・駿河・遠江・上野・飛騨の回復はほぼ確実
(上野と信濃の一部は真田領になるかもしれないが)
として、そこまで実現すれば、
徳川残党追討名目で武蔵・下野も手中にするのではないだろうか。

だがそうなると、関ヶ原前夜の徳川より強大な勢力が東国に誕生するわけだが・・・


204 人間七七四年 :2017/07/30(日) 14:33:15.92

家格的に事実上の総大将だろうな
勝頼クラスがここまで生き残った上で浪人として大阪城に入城するなら
関ヶ原で反徳川で戦って改易されたのは間違いないだろうし
ただ年齢的に前線に出れる年齢ではないかな
出るのは息子の信勝だろう


211 人間七七四年 :2018/12/28(金) 23:45:17.03

武田征伐のあとからずっと浪人なら誰それ?状態だし
豊臣政権下で一大名として地味に生きながらえて、なんらかの理由で改易されて浪人ならそこまで威厳はないし
関ヶ原に参戦したら西軍につくポカはしないと思う


214 人間七七四年 :2019/01/14(月) 22:07:50.06

真田幸村「若様、よくぞご無事でいらっしゃいました!」
武田勝頼「うむ」


215 人間七七四年 :2019/01/15(火) 02:08:37.00

信繁と勝頼会ったことなさそうじゃない?


216 人間七七四年 :2019/01/15(火) 17:11:30.98

>>215
遠目に見たことはあるんじゃない?
勝頼にしてみたら家臣の次男なんざ知らないだろうけど


217 人間七七四年 :2019/01/15(火) 17:30:43.33

この頃の勝頼ってもう70歳くらいじゃね?
格的に間違いなく浪人衆の筆頭だろうけど
実際はお飾りで大阪城に詰めて秀頼の相談役とかでしょ


231 人間七七四年 :2019/01/17(木) 17:52:13.23

>>217
どういう人生を歩んだかにもよるけど、牢人してたなら格も氏真や信雄とたいして変わらんかも


218 人間七七四年 :2019/01/15(火) 23:11:39.23

家康「武田殿が徳川にご助力していただけるなら甲斐・信濃の2か国をお約束いたそう。
真田殿にも上田の地をお約束いたす。」


219 人間七七四年 :2019/01/15(火) 23:54:50.82

>>218
韮崎と諏訪くらいくれるのかね?w


220 人間七七四年 :2019/01/16(水) 01:25:34.53

大坂の陣まで生き残ったifのしたたかな勝頼が大坂方につくとは思えねーよ


221 人間七七四年 :2019/01/16(水) 01:32:00.65

どう考えても人生詰みな人たちの集いだもんな…


222 人間七七四年 :2019/01/16(水) 01:58:32.65

武田征伐で上杉に逃げ込んで運よく本能寺が起きて
海津城主として生き残り関ヶ原では上杉への恩と徳川に逆らっても勝ち目はないとの判断から
逡巡している間に西軍が敗北し、武田は改易
長宗我部盛親みたいに浪人状態のところを豊臣からお声が掛かって入場
みたいな感じかなw


233 人間七七四年 :2019/01/17(木) 20:13:03.00

信玄時代のことではあるが、
家康が主導した戦で生涯唯一?ガチで敗走した戦い(三方ヶ原)に
指揮官として参加していたというのはかなり大きいよ。

その後も周囲が敵だらけで苦しい中
局地戦レベルではほとんど戦闘に負けない家康と
タイマンで対等にやり合っているし、
この時代に対家康の実績がここまである将は他にいないだろう。
大坂方からすればこれ以上の人物はいない。
少なくとも浪人衆からの信望は絶大であることは間違いない。

関ヶ原については過去レスでも出ているけど
もし勝頼が関ヶ原にいたらその時点で何かしら歴史が変わっている可能性が高い。
なのでこのスレ的には、輝元みたいに大坂城にいたか
中山道で秀忠軍と対峙していうる内に
史実通り関ヶ原で大勢が決まってしまって何も出来なかったと考えるべきでは?


236 人間七七四年 :2019/01/17(木) 21:59:16.92

>>233
その家康の元主君の今川氏真の評価を考えると敗戦の仕方とそれ以降の過ごし方だろうな
関ヶ原本戦に三成配下で参加も考えにくいけど主犯格だと斬首もありえる
生きててかつ評価されて大坂入りだとすると関ヶ原は地方戦で勝利の史実の真田ポジションだろうな
昌幸が生きてて大坂入りしてたらそれこそレジェンドだっただろうし


234 人間七七四年 :2019/01/17(木) 21:28:51.29

勝頼は城内で信勝が前線で戦う感じかな
信勝ははっきり言って指揮能力未知数だけど
まぁこの時点では信繁も未知数だったし


238 人間七七四年 :2019/01/18(金) 18:37:12.68

やっぱ40年前とは言え徳川家康に戦で勝ってるってのはそれなりにステータスありそうだけどね
大坂の陣前に死んじゃったけど真田昌幸の場合は徳川軍に勝っただけで徳川家康に勝ったわけじゃないし


239 人間七七四年 :2019/01/18(金) 19:12:09.33

>>238
それ言い出したら三方ヶ原は勝頼指揮じゃないし参戦した昌幸も勝者になる
まあ信長と決戦した経験があるってだけでレジェンドかもしれんけど


250 人間七七四年 :2019/01/19(土) 20:31:42.27

結局豊臣首脳部が馬鹿だから勝ち目無いんだよな




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク