佐賀の乱の際に熊本で生じたこの騒動が
神風連の乱や秋月の乱の遠因になった・・・

とか?


1 みの ★ :2021/05/01(土) 15:22:02.91

 明治維新直後の1874(明治7)年、佐賀県で起きた不平士族の反乱「佐賀の乱」に鎮圧部隊を送った政府軍の鎮台がある熊本で、旧藩主細川家の「お世継ぎ」を巡って政府軍と旧藩士がにらみ合う騒動があったことを記録した史料が新たに見つかった。熊本大が発表した。

 熊本藩筆頭家老だった松井家の日記に記述があるのを、熊本大永青文庫研究センターの今村直樹准教授が発見した。

 廃藩置県後に上京した旧藩主・細川護久(もりひさ)の長男で、熊本に残っていた護成(もりしげ)(幼名・建千代(たつちよ)、当時5歳)を鎮台本営のある熊本城に移すよう、鎮台から細川家の熊本本邸に要請があったが、細川家は断り、護成を守ろうと邸宅の周りに約1千人の旧藩士が集まっているという内容。同様の記録は旧藩士のリーダー格で、その後の西南戦争で西郷隆盛軍に参加した池辺吉十郎の日記でも見つかった。

…続きはソースで。
https://www.asahi.com/articles/ASP4Z6254P4ZTIPE00P.html
2021年4月30日 18時48分

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!


4 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:31:42.96

>>1
スゲえな
明治のはじめは
殿さまがガチで重要人物だった時代

旧大名家を華族にして全員東京に
監禁しなきゃいかんかったはずだわ


12 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:41:43.44

>>4
西南戦争も島津久光が西郷と仲悪くなかったら危ないところだった


13 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:43:14.98

>>12
当時の島津久光は、心情的には西郷派だったはずだがな。

あそこで久光が西郷と一緒に挙兵してたら、
西南戦争はまた違った展開だった。(´・ω・`)


17 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:52:03.38

>>13
この時の久光と西郷の方向性は合っていたが、共に立たなかったのはやはり仲が決定的に悪かったからだろう


28 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:04:53.69

>>4
戦国時代からの伝統と変わってないのね


20 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:54:08.73

>>1
元藩主のお世継ぎのために1000人もの元藩士が集まるってすごいな。


35 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:27:22.84

>>20
中身は半グレと同じで「下のモンに声掛けろや」って何人かが触れ回れば下っ端はそれに従うしかない


37 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:45:39.63

>>20
そりゃ殿様から離れたら自分等は何らかの技能があるわけでもなし
時代にもついていけずあっという間に干上がってしまうからね
こういうの食わせていくために殿様の家はあっという間に借金まみれで
没落しようにもできなくてその支払われる宛のない負債で
今の政府で起きてるみたいに額面上は銭があるものの自由に使える動かせる金が無くて大不況
戦争の連続に日本はなった 結局大東亜の敗戦でようやく清算されたけどね


49 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:57:53.58

>>20
熊本藩は54万石の国持大名だから家臣も多い


68 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 20:10:22.40

>>1
この時代、熊本はホットスポットだった
神風連の乱
熊本バンド事件
三島由紀夫『奔馬』で読んだわ


69 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 20:16:17.53

>>68
池田屋事件で犠牲になった宮部鼎蔵とか、
『るろうに剣心』のモデルにもなった「人斬り」河上彦斎とか、
なにげに、熊本の人もなにげに幕末史に顔をのぞかせるんだけどね…


5 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:33:12.43

神風連の乱の前哨戦みたいに理解してええんか? (´・ω・`)


8 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:37:36.85

若殿の盾みたいなもんなのかな
普通は避難させないか?


9 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:38:18.26

細川家と黒田家との区別がつきません


18 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:52:36.17

>>9
黒田を嫌ってるのが細川で、細川を嫌ってるのが黒田


23 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:01:00.38

>>18
あの二人って似た者同士なのになw
なぜ関係悪化したのだろう


31 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:14:02.58

>>23
だって黒田さんがお米引越し先に持ってっちゃったから・・・


32 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:17:18.67

>>31
そっか、黒田も細川も一時期、中津の領主だったな。
黒田の後に入ったのが細川か。


33 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:26:05.86

>>32
そう。通常転封の際にはその年の収穫は置いていくところ、黒田が福岡に持っていったので後に入った細川が怒った


36 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:32:49.20

>>33
さすがは、城井一族をだまし討ちで皆殺しにした黒田。
やることが汚い。(´・ω・`)


11 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:41:40.40

細川護成は、護熙元首相のじいさんのお兄さん。
男子がいなかったので、弟が細川侯爵家を継承した。(´・ω・`)


14 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:48:56.17

熊本県民は加藤清正推しばっかで細川の殿様はそんな好きじゃないイメージなんだが、知事にするくらいだからそうでもないのかな?


22 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:58:13.38

>>14
細川は熊本入国の時、加藤家をディスらないように
細心の注意を払ったので、細川のイメージも悪くない
この辺はさすが細川家はスマートだと思う

土佐なんて山内一豊が弾圧やったせいでいまだに長曽我部だろ


30 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:12:58.07

>>22
とはいえ 加藤家の墓は米沢にあるんだけど


34 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:26:12.73

>>30
でも加藤神社が熊本場城内にあるんだな
清正公以外のお殿様の名前を答えられる熊本県民は30%いないんじゃないかなってくらい絶対的存在
ちなみに地元では清正公はせいしょこさんと呼ばれる


16 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:51:22.40

海軍大輔の川村純義が寝返って海軍が西郷側についたら
政府側は到底勝ちようがなかったと言ってる人がいたな


19 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:53:40.60

>>16
そうなったら、榎本武揚の出番。(´・ω・`)


21 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 15:57:58.26

>>19
そういえば、佐賀の中牟田倉之助もいるか。(´・ω・`)


24 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:01:10.62

司馬遼太郎の歳月はとても良かった


(出典 img.omni7.jp)


27 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 16:04:44.24

長宗我部なんて豊臣と戦国時代と共に滅んだ
あるのは上士と郷士の葛藤やら確執やら


40 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:13:21.36

お互い強硬派に引っ張られずに済んで良かったな
まあ60~70年後、そういうのに引っ張られて亡国寸前になるんだけど


41 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:16:59.74

>>40
昭和の軍人で、旧熊本藩士に誰か有名な人はいたかな?
佐賀藩出身の軍人には、名高いあの陸軍中将がいるが…


59 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 20:11:16.85

>>41
昭和じゃなくて日露戦争の頃だけど、松永正敏は熊本藩士の出身かな
大活躍と言っていいと思う


61 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 14:05:02.22

>>59
昭和ってなると、やっぱ出てこないよね。


64 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 19:25:15.13

>>61
「日本はアメリカに勝てない」という研究を、東條英機に報告したのが原因で
南方戦線送りにされたものの寺内寿一に救われた、松前重義も広義の昭和の軍人w


42 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:43:00.83

細川氏て足利尊氏の執権だった細川の親戚なんだべ


47 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:56:46.38

>>42
管領細川家とは
ほとんど関係ないぐらい血縁遠い
幽斎は将軍ご落胤節あるけど


46 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:56:06.80

鎮台さんが兵隊ならば、ちょうちょとんぼも鳥のうち


50 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 17:58:18.27

明治維新は外国による干渉革命であって日本が誇れる事は何一つ無い。


51 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 18:01:07.83

カキコ50経過。

佐賀の乱のスレなのに、これまで江藤新平の名前なし。(´・ω・`)


52 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 18:03:01.78

熊本の士族反乱と言えば神風連の乱


53 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 18:04:58.71

>>52
一日も経たずに終わったけどね。(´・ω・`)


57 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 18:51:31.61

旧藩主嫡子を鎮台に渡せ、てことは要するに人質渡せてことなんだな


60 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/01(土) 22:18:19.90

熊本の維新と言ったら、人斬り彦斎。


65 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 19:30:26.33

>>60 くんが熊本藩士たる人斬り彦斎の名を出しているが
幕末四大人斬りは人斬りなぞといわれるだけあって
幕末から維新にかけいて、たくさんの政敵、人士を斬奸したもんだろうが
その最期は人斬りという殺人者にふさわしく悲惨なものでしたな。

その中でも河上彦斎の最期ってのはあれはよくわからなくて
まあ明治維新政府内部の粛清なんだろうな。
その意味では思想に殉じたといってもいいかもしれない。

なんせ明治維新の当局者だって好くなからずは尊攘激派であって
人斬りの数は比較的少ないとはいえ、やることはやってる人士多いからね。
幕府から見りゃテロリストみたいな陰謀から実行からやってるのおったからね。
まあそんなこといえば倒幕そのものが大逆謀叛の極みではあろうがさ。

あと、上記とは関係ないが>1には池辺吉十郎の名前が出ているね。
この人は確か、夏目漱石先生をひきあげた明治のジャーナリスト
池辺三山の親父さんじゃなかったかな? 
たしか西南戦役で戦死してたと思うが、どうか。


70 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 20:20:03.35

>>65
河上彦斎は時代に利用され、時代に乗り遅れ、時代に切り捨てられた。
人斬りだけど、哀れな奴だよ…(~_~;)


62 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 19:15:37.47

明治のサムライの話題のスレ
まあねえ、そりゃ徳川三百年の太平の歴史に
代々藩主の御家のために生き、御家のために4ぬことを
人生の目的として教え理解し生きてきたわけでね。
そりゃ明治の御世だから四民平等だからと
一朝一夕メンタリティーが変わることもないわな。

明治7年なら断髪令はすでに出ていて、
まあ、廃刀令や秩禄処分はまだだけど、
そういう武士が武士でなくなる時代においても
主家のためには馳せ参じる慣習は当然まだあるわけだ。
御家の御曹司守護のため、あつまった旧藩士1000名ってのはアツいよな。


63 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 19:23:09.66

あとスレでは西南戦争の話題が出ているけど
>>13 くんの御意見ねえ
>>12 くんや>>17 くんがいっているように
久光公と西郷南洲が往時仲がイマイチで
俗に西郷は死に場所を探していて、蹶起したんじゃないかとか
色々言われるところもあるんだけど、まあ主従のギャップを埋めるのは
これはなかなか大変だよなあ。

島津久光はむろん幕末維新のキーパーソンであり
倒幕なんてするくらいだから比較的開明的な
西国雄藩の一角ではあったのだろうが
それにしたって明治以降のビヘイビアを見ると
やはり守旧派であり明治以降の時節にはキャッチアップはできなかったろうねえ。
まあ断髪廃刀しなかったなんてとこからも明らかだけどサ

そしてそういう大物旧藩主の反動的建白その他にも
公然Noがいえた東京に座す明治政府の大物たちもこれは見識だよね。
もとは薩長雄藩の出とはいえ上意には絶対服従の
藩士メンタリティーがあったはずだし、元は下級武士多いからねえ。


66 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/02(日) 19:32:30.07

佐賀の乱の時、江藤が西郷に協力を
要請したけど断られた、
その後江藤は武士としては異例の晒し首、
西郷は政府と戦って死亡。


76 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/04(火) 09:28:26.80

佐賀の乱の本当の原因は政府軍として派遣された岩村
コイツは坂本龍馬のパシリ程度の書生だったが、坂本が死んだあと
なぜか薩長に取り入って出世した、北越戦争では長岡藩家老の河井の
上申書を蹴ったりと尊大な人物。 佐賀の乱も不穏な空気はあったが
乱とまではいかなかった、岩村が尊大な態度でふるまうから佐賀士族は
爆発した。


77 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/04(火) 09:56:47.76

>>76
岩村高俊の佐賀県令への任命は、
佐賀士族に反乱を起こさせるための大久保の謀略だと、
木戸孝允は言ってたそうな。(´・ω・`)




「いい!」と思ったら押してね!やる気が上がります。m(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


歴史ランキング

スポンサーリンク