ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    戦国時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tokugawa-art-museum.jp)

    戦国当時の絵巻を見ても、
    特別「馬ちっさいなぁ…」とは感じないし…

    どうなんでしょうね。
    ヒトが小さかった説もあるけど、なんぼなんでもw


    1 風吹けば名無し :2019/09/13(金) 13:49:11.45 ID:YC284Pv3a.net

    戦国時代は騎馬隊が最強だった!
     ↓
    日本の馬は小さいので騎馬隊なんか作れない、ただの移動手段だった!
     ↓
    小さくても山道を徒歩より早く移動出来る強靭さがあった!短時間なら騎馬戦闘も可能!←イマココ

    【戦国時代の馬はポニー並みだったか問題という永遠に決着しない難題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.pinimg.com)

    確かに元親公には、ご幼少のころは御柔弱な印象があったのか、
    「姫若子」などと揶揄された時期もあったそうだが…

    氏康公もそうなの?w
    ワタシの中では北条五代の中で最もコワモテで武闘派なイメージなんだがなぁ…


    1 風吹けば名無し :2019/09/16(月) 16:01:39.68 ID:O119OCLRr.net

    ワイも覚醒せんかな…

    【北条氏康・長宗我部元親「昔はヘタレだけど大人になって覚醒しました!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    o0591031713202372258

    丹波の赤鬼ねぇ…

    へえ、そうなんだ、よくわからんw


    赤井 直正(あかい なおまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は悪右衛門。赤井時家の次男。子に直義。赤井氏の実質的な指導者として、氷上郡を中心に丹波国で勢力を誇った豪族であり、『甲陽軍鑑』には「名高キ武士」として徳川家康、長宗我部元親、松永久秀らと共に、しかも筆頭として名が挙がっている。
    10キロバイト (1,523 語) - 2019年6月14日 (金) 13:02


    2 セルカークレックス(茸) [JP] :2019/09/10(火) 16:16:35.62

    京都側では英雄扱い、兵庫側では侵略者扱い。
    さてどう描いてくれるかね。

    【明智光秀は波多野兄弟や丹波の赤鬼ら土豪のウジャウジャいた丹波を平定したから名将ではある。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sumie-okazu.top)

    真田幸村の人気と同じ類いではないかと…

    あ、ユキムラさんも鹿の角の兜かぶってるよね。
    憧れてたのかな?w

    山中 幸盛(やまなか ゆきもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての山陰地方の武将。尼子氏の家臣。通称は鹿介(しかのすけ)。巷間では山中鹿介の名でよく知られる。幼名は甚次郎(じんじろう)。尼子三傑の1人。優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。 尼子十勇士の筆頭にして、尼子家再興のため
    105キロバイト (18,879 語) - 2019年8月22日 (木) 02:29


    2 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です :2012/11/25(日) 21:41:26.87 ID:yAS17MgPO

    尼子()

    【山中鹿之介って、やたら人気あるよな?なんでだよ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 colorfl.net)

    毛利家を次代に遺しただけでも大したもの。
    このヒトいなかったら尼子にぺっしゃんこにされてたでしょう…

    むしろ「なにした人」と言われれば、
    尼子氏という一大勢力を謀略で徹底的にボロボロにした上で
    とどめに武力で滅ぼしたヒト…


    1 47の素敵な :2019/07/30(火) 13:39:39.11 .net

    この人いなかったら歴史はどう変わってたの?

    【結局、毛利元就ってなにした人なん?】の続きを読む

    このページのトップヘ