ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    鎌倉時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 auctions.c.yimg.jp)

    このゲームでは、
    「蒙古騎兵」と「武士」が2強ユニットであったな…

    流鏑馬やってたんだから
    鎌倉武士だって騎射は得意だろうしね。


    1 名無しさん@おーぷん :19/09/16(月)00:36:52 ID:auL

    モンゴル倒したし最強?

    【鎌倉武士って当時の世界なら何番目に強いの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s-yoshida7.my.coocan.jp)

    宇治・瀬田の会戦で朝廷軍を壊滅させ、十数万の軍兵で京都に乱入した幕府軍。

    内裏(皇居)への総攻撃は当然差し控えたのだろうが、
    一部の軍勢が暴走しただけでもあっけなく御所炎上、後鳥羽院以下ことごとく…
    の可能性はあったと思う。

    それほどの大軍の都での行動を制御しえた北条泰時の統率力は驚嘆に値するな…

    承久の乱(じょうきゅうらん)は、鎌倉時代承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権北条義時に対して討伐兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初朝廷と武家政権間で起きた武力による争いであり、朝廷側敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府では北条氏に
    39キロバイト (6,544 語) - 2019年6月15日 (土) 04:51


    1 日本@名無史さん :2015/08/10(月) 11:31:54.96 .net

    御家人は、従っただろうし、義時の権威を頼朝を完全に超えたのではないだろうか?

    【北条家が承久の乱で朝廷を滅ぼしたら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 inoues.net)

    どこぞの教科書には、弘安の役のおり、
    元軍の船に腐乱した牛の死体を投げ込んだとの記述もあったけど…

    同じばっちいモノなら
    そんな重たいモノじゃなくても、
    この方が手軽だわなw


    【【悲報】日本、う〇こを投げつけて元寇を追い払っていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nihonshi-goro.com)

    最近の説では
    守護・地頭置いた1185年か、
    寿永二年十月宣旨(東国支配権承認)の1183年が有力だそうで。

    寿永二年十月宣旨(じゅえいにねんじゅうがつのせんじ)は、寿永2年(1183年)10月に朝廷から源頼朝に下された宣旨。頼朝に対して、東国における荘園・公領からの官物・年貢納入を保証させると同時に、頼朝による東国支配権を公認したものとされる。寿永宣旨とも。 この宣旨
    20キロバイト (3,701 語) - 2018年10月15日 (月) 14:25

    覚えやすいからって
    国じゃなくハコとかハムとか花とか作ろうって…

    ナニを目指してるのよ、鎌倉幕府w
    (◎_◎;)


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/06/05(水) 19:17:29.043

    いい箱ってなんだよ

    【俺「いい国作ろう鎌倉幕府!」最近の若者「なにそれ?」「いい箱作ろうじゃね?」「鎌倉幕府は1185年っすよw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.hello-school.net)

    由比ガ浜中世集団墓地遺跡など鎌倉市周辺のみの統計か…

    戦死者はもちらん、
    戦乱による犠牲者も除外された(であろう)統計とみていいのかな。

    ところで「吾妻鑑」によると
    鎌倉時代、もとい鎌倉って異常に大地震の記録が多い。

    1185~1333年の期間で「鎌倉大地震」の記述が60回前後w
    むろん余震も多く含んでるんだろうけど…

    地球の活動が活発な時期だったのかしら?
    鎌倉時代って


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/14(金) 11:08:23.95 ID:GxGct+nj0●.net BE:842343564-2BP(2000)

    日本人、鎌倉時代が最も短命…15~34歳で死亡5割
    6/14(金) 10:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00010000-yom-sctch

    読売新聞社
     中世の日本人は、他の時代に比べて短命だった可能性が高いことが、聖マリアンナ医科大の長岡朋人准教授(形質人類学)らのグループの研究でわかった。短命のピークは、中世前期の鎌倉時代にあたる12~14世紀頃とみられ、弥生時代や戦国時代に比べても短命なことがわかった。

     長岡准教授らは、弥生時代から江戸時代までの各地の遺跡から出土した人骨810体を調べ、骨盤の関節にある「腸骨耳状面」と呼ばれる部分を分析した。
    腸骨耳状面は、若いうちは滑らかだが、加齢とともにトゲ状の突起や穴が増える特徴があるため、死亡年齢を推定する有力な根拠になるという。
    分析には統計的手法も使い、子供は除き、死者の年齢を「若年」(15~34歳)、「中年」(35~54歳)、「老年」(55歳以上)に分類して構成を調べた。

     その結果、弥生時代(紀元前5~後3世紀)は、「若年」は2割程度で「中年」が3割程度、江戸時代前期(17世紀)は「若年」が3割程度、「中年」も3割程度だった。

     これに対して、中世前期(12~14世紀)は、「若年」が5割程度を占め、「中年」が3割程度で、約8割もの人が「老年」を迎えることなく死亡していたことがわかった。

     今回用いた中世人骨は、由比ガ浜中世集団墓地遺跡など、人骨が大量出土した神奈川県鎌倉市内の遺跡に限られるが、長岡准教授は、「男女比や年齢構成に大きな偏りはなく、当時の一般的な死亡年齢構成を反映しているとみていい」と話す。

    【鎌倉時代の人、子供部屋おじさんになる間もなく死んでいた!平均寿命15〜34歳】の続きを読む

    このページのトップヘ