ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    近世

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 columbia.jp)

    マジらしい…
    闇が深いなw

    ま、「馬鹿野郎」「クソくらえ」ほどの意味か…


    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/07/22(金) 19:05:48.35 ID:WtWwuziQ0.net


    『俺の尻をなめろ』(おれのしりをなめろ)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが
    作曲したカノン形式の声楽曲。1782年にウィーンで作曲された。

    歌詞

    Leck mich im Arsch!(俺の尻をなめろ)
    Lasst uns froh sein!(陽気にいこう)
    Murren ist vergebens!(文句をいってもしかたがない)
    Knurren, Brummen ist vergebens,(ブツブツ不平を言ってもしかたがない)
    ist das wahre Kreuz des Lebens.(本当に悩みの種だよ)
    Drum lasst uns froh und frohlich sein!(だから陽気に楽しく行こう)
    Leck mich im Arsch!(俺の尻をなめろ)

    【【悲報】モーツァルト、"俺の尻を舐めろ"という曲を作っていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image01.seesaawiki.jp)

    1812年ロシア戦役のことだね。
    ロシアに勝つ、ならアウステルリッツでも大勝しておるしw

    ロシアが敗れて講和を請えば、1809年のオーストリアと同じ。
    以後、大陸封鎖令は順守され、もうしばらくナポレオンの絶頂は続くでしょう。

    モスクワ陥落に加え、ロシア軍主力を捕捉・撃滅したとしても
    もし講和が成らなければ、それはもうスペインと同じ泥沼状態。
    ただ、ロマノフ王朝は100年早く、この時に終わってたかも知れん…


    1 名無しさん@おーぷん :19/09/11(水)01:37:25 ID:dIs

    どうなってたんや?

    【ナポレオンがロシアに勝っていたら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    それはいくらなんでもねぇ…

    戦力・兵站・情報能力全てで相当…(略)


    1 名無しさん@おーぷん :19/10/05(土)21:30:00 ID:bic

    バトルフィールドは日本の山岳地帯とヨーロッパの平地を
    足したような場所。
    武器は各軍の当時のもので戦い、敵の武器を鹵獲して
    使うことはしないこととする。

    また、武将の強さは大坂冬の陣、ナポレオン軍は
    ロシア遠征時の強さとする。

    【戦国武将とフランスのナポレオン軍が戦ったらどちらが勝つか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.gibe-on.info)

    度重なる対仏大同盟に立ち向かうべく、
    いわゆるナポレオン戦争が繰り広げられたわけだが…

    もし、ロシアを制圧しイギリスとオスマンを屈服させたら
    そこでヨーロッパは一円、ナポレオン勢力下となって
    大団円だったのだろうか?

    それとも中央アジアまで食指を伸ばしてきたかな?


    1 世界@名無史さん :2017/06/04(日) 06:12:52.82

    ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。
    ナポレオン1世(在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
    フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。
    また、戦勝と婚姻政策によって、イギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。
    日本において世界史上最も有名な人物の一人である。

    【【英雄】ナポレオン・ボナパルト【皇帝】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.elle.co.jp)

    フランス革命のさなか、
    国王一家のオーストリアへの脱出未遂、
    いわゆるヴァレンヌ事件。

    動機は身体の危機を感じてだろうけど、
    もし完遂されたら
    実兄オーストリア皇帝レオポルト2世による
    オーストリアの軍事干渉を招いた可能性大だから…

    国王夫妻のギロチン処刑にまで至った根拠は
    「革命フランス共和国に対する外患誘致未遂」
    ってことかな。

    絶対王政に生きた王妃サマには
    「がいかんゆうち」なんて最期まで理解できなかっただろうねぇ…


    1 世界@名無史さん :2018/05/23(水) 04:51:27.98 0.net

    1755年11月2日にオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生。
    フランス国王ルイ16世の王妃。
    フランス革命中の1793年10月16日にパリのコンコルド広場においてギロチンの刑に処せられ刑死した。

    【マリー・アントワネット】の続きを読む

    このページのトップヘ