ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    近現代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 skyscraper-oasis.com)

    なぜか、とあるCMがふと頭をよぎった…

    東郷元帥、御無体なw


    1 風吹けば名無し :2019/09/06(金) 22:18:04.18 ID:tY6d6bzk0.net

    部下「出来ました(肉じゃが)」

    【東郷平八郎「カレー美味しかったなあ、せや部下に作らせたろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    当時公武合体派だった岩倉具視を面と向かって糾弾して一時失脚に追い込むなど、
    幕末は尊攘派公家の代表として、かなり剛毅なイメージだったんだがな…

    維新成って太政大臣まで上り詰めて、人生守りに入っちゃったのかな?

    ちなみに征韓論。
    まずは遣韓して、新政府を旧幕府の正当な後継と認めさせて
    あらためて国交を結ぶことが目標だったのよね。たぶん

    「征韓」は他でもない、
    この時それに反対した者たちの後継者によって達成されたという…

    韓論」と呼ばれるものであったが、遣使に反対する者は西郷が間違いなく殺害されると見ており、西郷自身も自身が殺害されれば征討の名分が立つと主張していた。 西郷隆盛の死後、板垣退助らの自由民権運動の中で、板垣の推進する征韓論は西郷の主張として流布され、板垣ではなく西郷が征韓論の首魁として定着した[要出典]。
    18キロバイト (3,012 語) - 2019年8月11日 (日) 10:52


    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2016/10/23(日) 16:03:51.58 ID:HvpHk1040.net

    征韓論とは、明治新政府に対して外交を拒否してきた朝鮮に対して、武力により開国させようという主張である。
    三条実美が明治天皇上奏直前に倒れたことによって、征韓論は実行に移されることなく、幻に終わった。
    歴史に「もしも」はないが、三条が普通に天皇に上奏できていれば、歴史は変わったのか?

    【もし三条実美が倒れなければ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    東京と大阪ちっちゃw


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/08/22(木) 21:45:01.126 ID:ms2k5IJ50.net


    meiji12-jp-map

    【明治12年の日本…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.space.rakuten.co.jp)

    日本海軍はそもそも潜水艦の運用方針を根本から改めないとムリ。
    攻撃型原潜でも開発したら別だけどw

    ドイツ海軍は多少旧型でも300隻揃えてから開戦していれば
    だいぶ違っていたと言われてますな…


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/03/25(月) 12:12:27.63 ID:VFY/6kRo0.net BE:446172865-2BP(2000)


    太平洋戦争の中盤以降、アメリカ軍の対潜水艦能力が向上し、日本の潜水艦の損害が増えていきます。そこで1943(昭和18)年に、日本海軍は水中速力25ノットという潜水艦「潜高型」を構想します。これが実現できれば、敵からも上手く逃げおおせられるはずです。

    こうして期待の高速潜水艦、潜高型は1945(昭和20)年6月までに、伊二百一、伊二百二、伊二百三の3隻が完成し、早速、訓練が開始されました。
    ところが、水中での20ノット近い速度は不安定で、操艦は難しかったようです。また積み重ねて配置された2000個以上もある電池は、温度差が生じ性能は不安定、
    メンテナンスに莫大な手間が掛かる、80回しか再充電できない(一般的な一号十四型蓄電池なら400回)と問題山積で、さらにショートしやすい危険な代物であり、伊二百二はバッテリー火災事故も起こしています。
    エンジンは馬力不足で、充電能力も不十分、そして実際の水中速度は17ノット程度だったといわれます。結局、期待の高速潜水艦も訓練と故障修理、不具合個所の対策改造を繰り返しているあいだに終戦となりました。

    終戦後、アメリカ海軍は日本の潜水艦技術に高い関心を示し、この高速潜水艦伊二百一と伊二百二をハワイに運んで調査しましたが、その高速性能と非常に危険な構造に驚きます。
    https://trafficnews.jp/post/84620

    UボートXXI型
    大西洋の戦いでは、進歩を続ける連合国の対潜部隊に対し、ドイツ潜水艦隊の主力だったVII型やIX型 などの従来型潜水艦は、性能的に不利な状況に追い込まれていた。
    この状況を見た海軍総司令官カール・デーニッツはそれまでのVII型、IX型を主力とした潜水艦の建造計画を大きく変更し、全力で水中高速型潜水艦を建造することとした。
    多数の蓄電池と新たに開発されたモーターの組み合わせにより、本型の最大水中速力は当時の潜水艦としては桁外れの17.5ノットに達した。

    水中行動を主とするこの型の設計思想は、アメリカ海軍のアルバコアやソ連海軍のズールー型潜水艦など、戦後多くの国の潜水艦の設計に影響を与えた。
    また、戦後に接収した本型を使用して行われた対潜訓練では、当時最も優れているといわれたアメリカ・イギリス海軍の対潜部隊を持ってしても本型を探知できなかったという逸話が残っている。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/U%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88XXI%E5%9E%8B

    【日本海軍が潜高型潜水艦、ドイツ海軍がUボートXXI型を最初から量産してたら勝てた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)

    苗字を決めるにあたって
    日本全国各所でいろんなドラマが繰り広げられたことでしょう…

    平民苗字必称義務令(へいみんみょうじひっしょうぎむれい、平民苗字必義務令)は、日本の法令である(明治8年太政官布告第22号)。1875年(明治8年)2月13日公布。すべての国民に苗字(名字・姓)を名乗ることを義務付けた。 江戸時代まで、日本において公的に苗字
    4キロバイト (549 語) - 2019年7月26日 (金) 08:08


    1 名無しさん@おーぷん :19/07/30(火)07:30:25 ID:TzD

    昔の人A「うーん、一ノ瀬!」
    昔の人B「うーん、田中!」

    このセンスの差よ

    【昔の人「苗字自分で決めてええんか!」】の続きを読む

    このページのトップヘ