ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    安土桃山時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.news-postseven.com)

    ねこちゃん受難… (;´Д`)


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/09/22(日) 15:48:43.06 ID:2l84sz5OM.net BE:399259198-2BP(1000)


    「猫好きの人にはかなり残酷な話になりますが、戦国大名のひとり、織田信長は“ペット”の鷹に、エサとして猫を与えていたとされています」

    そんな衝撃的な話を教えてくれたのは、歴史作家の桐野作人さんだ。戦国時代、戦国武将の間では鷹を使ってウサギやウズラなどの鳥類を捕まえる“鷹狩り”が流行した。
    なかでも、織田信長は相当ハマっていたようで、暇さえあれば鷹狩りに出かけていたという。

    「信長の鷹好きは有名で、信長との仲を深めたい大名たちは、外交手段のひとつとして、鷹や鷹のヒナを献上していました。
    『信長公記』(巻十三)によると、相模(現在の神奈川県)の戦国大名・北条氏政からは一度に13羽もの鷹が贈られたとの記述もあります
    。そのため、信長が暮らす安土城には常時、20~30羽の鷹がいたといわれています」(桐野さん・以下同)

    そんなにも多くの鷹を飼っていると、問題となるのがエサだ。鷹は生き餌を好むため、目をつけられたのが猫やニワトリなどだったという。

    奈良県・興福寺の僧侶・長実房英俊らによる『多聞院日記』には、当時の様子が次のように記述されている。

    『奈良中の猫・ニワトリを安土から捕獲に来るというので、僧坊中へみんなが隠した。鷹のエサにするためだという』

    安土とは、信長の居城・安土城があった城下町なので、“信長からの命令”で奈良中の猫が捕獲されようとしていたことがわかる。

    なぜ奈良の愛猫家たちが、興福寺に猫を隠しにきたかというと、当時、興福寺など大きな寺社は、武家など外部からの侵入や介入を拒否できる“聖域”だったからだ。

    「いわゆる“治外法権”の場所である興福寺には、天下の信長も手を出せない。自分たちの猫が連れていかれないように、かくまってもらおうと大勢の人が興福寺に猫を連れていったのでしょう。
    すでにこの頃には、猫はネズミ捕りとしてだけでなく、ペットに近い存在になっていたのかもしれませんね」

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/trend/postseven-1424712

    【第六天魔王信長さん、猫をいじめていた 興福寺でネコを匿う僧兵も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    そりゃ伊賀越えでしょうなぁ…

    合戦での非命は武門の習いであろうが、こんな最期では無様過ぎて悲惨だわw

    名実ともに最大の危機だったと言って良い。
    (きっぱり)

    あえて順位をつけるなら個人的に
    1.伊賀越え
    2.信康・築山事件
    3.三方ヶ原&一向一揆
    4.桶狭間直後、関ケ原の小早川進軍直前、大坂夏の陣(?)
    5.その他もろもろ…

    まあご本人は三方ヶ原の記憶がいちばん強烈そうだけど…
    そこは聞いてみないとわかんないw


    1 風吹けば名無し :2013/11/11(月) 12:46:46.60 ID:lYaaUm+U

    あとなんや?

    【家康三大危機といえば三河一向一揆、三方ヶ原の戦い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    o0591031713202372258

    丹波の赤鬼ねぇ…

    へえ、そうなんだ、よくわからんw


    赤井 直正(あかい なおまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は悪右衛門。赤井時家の次男。子に直義。赤井氏の実質的な指導者として、氷上郡を中心に丹波国で勢力を誇った豪族であり、『甲陽軍鑑』には「名高キ武士」として徳川家康、長宗我部元親、松永久秀らと共に、しかも筆頭として名が挙がっている。
    10キロバイト (1,523 語) - 2019年6月14日 (金) 13:02


    2 セルカークレックス(茸) [JP] :2019/09/10(火) 16:16:35.62

    京都側では英雄扱い、兵庫側では侵略者扱い。
    さてどう描いてくれるかね。

    【明智光秀は波多野兄弟や丹波の赤鬼ら土豪のウジャウジャいた丹波を平定したから名将ではある。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tabi-and-everyday.com)

    謀反の理由はわからんでもない。
    しかし、単身で有岡城を脱出した理由はほんとナゾ…

    まさか「荒木村重 命惜しゅうて候」ってか?w

    ISBN 4-06-200510-7 播磨妖刀伝(1986年10月、講談社) ISBN 4-06-202868-9 荒木村重 惜命記(1988年11月、講談社、「荒木村重 しゅうて候」に改題、PHP文庫) 幻にて候 古田織部(1990年8月、講談社) 流香譚(1992年10月、日本経済新聞社)
    3キロバイト (472 語) - 2018年10月9日 (火) 00:59


    1 人間七七四年 :2010/12/03(金) 17:41:50 ID:h7Z7C6Ck.net

    妻子を見捨てて逃亡した彼ですが反省はしていたようです

    【【反逆者】 荒木村重 【薄情者】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www2.nhk.or.jp)

    信長と濃姫(帰蝶)か…

    「King of Zipangu」では、
    相思相愛なのにすれ違いが多い薄幸な夫婦だったよなぁ…


    1 人間七七四年 :2008/09/22(月) 11:48:55 ID:ER7fdULI.net

    信長と濃姫 政宗と愛姫 景勝と菊姫・・・
    嵐の戦国時代を生きた夫婦。
    あなたにとって一番の夫婦は?

    【☆戦国ベスト夫婦☆】の続きを読む

    このページのトップヘ