ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    安土桃山時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    つまりその期間が織豊政権の時代ってことですな…


    1 名無しさん@おーぷん :20/05/24(日)00:10:50 ID:PM4

    激動すぎるやろ

    【室町末期から江戸初期が30年しかないという事実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 media-cdn.tripadvisor.com)

    少なくとも東京が首都になる可能性は相当低くなりそう…


    1 人間七七四年 :2020/06/21(日) 11:57:21.31 ID:UgX3O/UR.net

    または安土から本拠地移転してたのか?

    【信長が天下取ってた場合首都は滋賀県だったのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    個人的に思うのは…
    黒田官兵衛でどうにもならんかったもんが、
    竹中半兵衛がおったからと言ってどうにもならんやろ…

    なまじ知恵が勝ってるばかりに、
    徳川家康に容易に弄ばれるタイプだと思いますw

    いや、それ以前に秀吉生前のうちに半兵衛VS.官兵衛の抗争が勃発した可能性も高いなぁ。


    1 人間七七四年 :2014/10/31(金) 00:27:26.92 ID:kMIdUHik.net

    もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら
    歴史は大きく変わっただろうか?

    とりあえず
    ・秀吉の暴走
    ・石田三成と黒田官兵衛の対立
    は防げただろうか?
    そして三成もおそらく半兵衛にはライバル意識を持たずにあくまで目上の人として尊重し続けただろうか?

    もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら
    歴史はどのように変わったのか?
    いろいろ推測して議論しよう

    【もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.news-postseven.com)

    ねこちゃん受難… (;´Д`)


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/09/22(日) 15:48:43.06 ID:2l84sz5OM.net BE:399259198-2BP(1000)


    「猫好きの人にはかなり残酷な話になりますが、戦国大名のひとり、織田信長は“ペット”の鷹に、エサとして猫を与えていたとされています」

    そんな衝撃的な話を教えてくれたのは、歴史作家の桐野作人さんだ。戦国時代、戦国武将の間では鷹を使ってウサギやウズラなどの鳥類を捕まえる“鷹狩り”が流行した。
    なかでも、織田信長は相当ハマっていたようで、暇さえあれば鷹狩りに出かけていたという。

    「信長の鷹好きは有名で、信長との仲を深めたい大名たちは、外交手段のひとつとして、鷹や鷹のヒナを献上していました。
    『信長公記』(巻十三)によると、相模(現在の神奈川県)の戦国大名・北条氏政からは一度に13羽もの鷹が贈られたとの記述もあります
    。そのため、信長が暮らす安土城には常時、20~30羽の鷹がいたといわれています」(桐野さん・以下同)

    そんなにも多くの鷹を飼っていると、問題となるのがエサだ。鷹は生き餌を好むため、目をつけられたのが猫やニワトリなどだったという。

    奈良県・興福寺の僧侶・長実房英俊らによる『多聞院日記』には、当時の様子が次のように記述されている。

    『奈良中の猫・ニワトリを安土から捕獲に来るというので、僧坊中へみんなが隠した。鷹のエサにするためだという』

    安土とは、信長の居城・安土城があった城下町なので、“信長からの命令”で奈良中の猫が捕獲されようとしていたことがわかる。

    なぜ奈良の愛猫家たちが、興福寺に猫を隠しにきたかというと、当時、興福寺など大きな寺社は、武家など外部からの侵入や介入を拒否できる“聖域”だったからだ。

    「いわゆる“治外法権”の場所である興福寺には、天下の信長も手を出せない。自分たちの猫が連れていかれないように、かくまってもらおうと大勢の人が興福寺に猫を連れていったのでしょう。
    すでにこの頃には、猫はネズミ捕りとしてだけでなく、ペットに近い存在になっていたのかもしれませんね」

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/trend/postseven-1424712

    【第六天魔王信長さん、猫をいじめていた 興福寺でネコを匿う僧兵も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    そりゃ伊賀越えでしょうなぁ…

    合戦での非命は武門の習いであろうが、こんな最期では無様過ぎて悲惨だわw

    名実ともに最大の危機だったと言って良い。
    (きっぱり)

    あえて順位をつけるなら個人的に
    1.伊賀越え
    2.信康・築山事件
    3.三方ヶ原&一向一揆
    4.桶狭間直後、関ケ原の小早川進軍直前、大坂夏の陣(?)
    5.その他もろもろ…

    まあご本人は三方ヶ原の記憶がいちばん強烈そうだけど…
    そこは聞いてみないとわかんないw


    1 風吹けば名無し :2013/11/11(月) 12:46:46.60 ID:lYaaUm+U

    あとなんや?

    【家康三大危機といえば三河一向一揆、三方ヶ原の戦い】の続きを読む

    このページのトップヘ