ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    江戸時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tvtaiga.com)

    ご老公が印籠をひけらかす頃には、
    その「敵」の直属上司(良識ある筆頭家老・ご領主など)に、
    すでに話を通してあるのがシリーズ終盤の常だったからなー

    悪いヒトはすでに詰み状態なのよw


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/06(金) 16:49:36.779 ID:6To1pdhI0.net

    徳川がどうしたぁ!って反論してくる敵とか絶対人気でるだろ

    【水戸黄門ってたまには印籠見せても怯まないタフな敵が来てもいいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pds.exblog.jp)

    江戸中期には「竜吐水」なんていうのもあったんだけど
    なかなか現代の消防ポンプのようにはいかなかったらしい…

    延焼を防いで鎮火させるのが最善だったんだね。

    竜吐水(りゅうどすい)とは、江戸時代から明治時代にかけて用いられた消火道具(火消しの道具)である。名称は、竜が水を吐く様に見えたことからとされる。 18世紀中頃の明和元年(1764年)に江戸幕府より町々に給付されたポンプ式放水具であり、火事・火災の際、屋根の上に水をかけ、延焼防止をする程度の消火能
    7キロバイト (1,083 語) - 2019年2月15日 (金) 13:12


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/31(水) 14:28:32.873

    脳筋以下かな?

    【消防士「火事だとォ!?すぐに水を噴射だ!」江戸の火消し「火事だとォ!?すぐにその家をぶっ壊せ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kuzure.but.jp)

    連発ではなく「斉発」の火縄銃なら制作されていたようで。

    当時の射程距離から鑑みて、
    この方が有効と思ったんでしょうな…

    って、コレ、一人で構えて発射の反動に耐えられるのかな??
    (◎_◎;)

    二十連発斉発銃(にじゅうれんぱつせいはつじゅう)は、江戸時代の日本において製作された二十連の斉発火縄銃。通称を「御秘事の鉄砲」と称する(後述)。 江戸幕府に仕えた砲術家・井上正継が、3代将軍・徳川家光の命を受けて考案したのが始まりとされる。20本もの銃身を3本ずつ上下に束ね、7列に連結したもので、
    4キロバイト (544 語) - 2019年6月16日 (日) 16:51


    1 名無しさん@おーぷん :19/07/18(木)10:44:53 ID:rFc

    300年もあったのに刀一辺倒だったとか無能すぎない

    【なぜ江戸幕府は連発式種子島を開発しなかったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 himahima1.cocolog-nifty.com)

    踏まなきゃ死罪で、
    「生きて心の中の信仰を守る為にあえて踏もう…」と思っても
    踏んだら隠れキリシタンの会合(?)で後々村八分にされるんか…

    それが事実だとしたら
    幕末まで残存していた隠れキリシタンは
    先祖代々、どうにか踏み絵(絵踏み)を逃れていたってこと?

    あるいはキリシタンの内部ルールで
    「やむを得んから、踏んでもOK」と示し合わせたかw

    ちなみに、「浦上一番崩れ」は1790年(寛政2年)から起こった信徒の取調べ事件、「浦上二番崩れ」は1839年(天保10年)にキリシタンの存在が密告され、捕縛された事件、「浦上三番崩れ」は1856年(安政3年)に密告によって信徒の主だったものたちが捕らえられ、拷問を受けた事件のことである。これより前にも「大村郡崩れ
    14キロバイト (2,286 語) - 2018年9月10日 (月) 09:58


    1 風吹けば名無し :2019/06/02(日) 07:18:53.08 ID:ki2f7Czb0.net

    ワイなら普通に踏んで家帰ってからキリスト拝むんやがいかんのか?

    【江戸幕府「キリシタンかどうか踏み絵をやらせるか…」←コレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 auctions.afimg.jp)

    ワタシが幼少のころ
    このマンガを読んで、この御仁を偉大なヒーローだと感じて
    えらく感動したことを覚えている。

    いわゆる負の側面といったものが
    今後も出てくる可能性はなさそうだから
    これからも一定の人気を保ち続けるんじゃないかなー


    1 風吹けば名無し :2019/05/27(月) 22:10:56.55

    僻地信濃の小大名なのになんであんな人気なんや

    【真田幸村とかいうなぜ人気なのかまったくわからん武将】の続きを読む

    このページのトップヘ