ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sekainorekisi.com)

    いや、それでもそれなりに盛装したら…

    ビミョーか… まあ、こんなもんじゃないの?w


    【【悲報】中国最後の皇帝、どこからどう見てもただのおっさんにしか見えない……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)

    イギリスでも英国史の一大汚点と捉える向きがあるらしい…

    https://spc.jst.go.jp/experiences/impressions/impr_09009.html
    『英国議会の反対派は「その原因がかくも不正な戦争、かくも永続的な不名誉となる戦争を、私はかつて知らないし、読んだことさえない」と演説している。
    現在でも、英国帝国戦争博物館にはこの阿片戦争の展示は一切ないし、博物館内のネットで阿片戦争を検索しても、何もヒットしない。英国民も忘れたいほど不名誉な戦争であったことは間違いがない』


    1 風吹けば名無し :2020/10/25(日) 02:57:46.90 ID:FK6pL2040.net

    いかにイギリスがカス国家かが分かる

    【アヘン戦争とかいう人類史上最も胸糞悪い出来事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)

    ああ、確かに領土紛争が再燃しても不思議はないね。


    1 Ψ :2020/09/19(土) 08:45:40.54 ID:HX880AAR.net

    ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争

    https://www.jiji.com/sp/v4?id=foresight_00105_201211290001

    フォーサイト WORLD
    アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催されたロシアのウラジオストクで会談したロシアのプーチン大統領(左)と中国の胡錦濤国家主席=2012年9月7日【EPA=時事】
    名越健郎 Nagoshi Kenro
    拓殖大学海外事情研究所教授
     9月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合を開催したロシア極東のウラジオストクは、2年前の2010年、市の創設150周年を盛大に祝った。ウラジオストクはもともと中国領で、1860年の北京条約によりロシア領に移管。
    帝政ロシアはこの天然の良港に、「極東を制圧せよ」を意味するウラジオストクという名前を付けた。
    だが、中国の新しい歴史教科書には、「極東の中国領150万平方キロが、不平等条約によって帝政ロシアに奪われた」との記述が登場した。中国はある日突然、ウラジオストクを「中国固有の領土」として返還を要求しかねない。
    中露間で歴史的なパワーシフトが進む中、ロシアにとって、尖閣問題は他人事ではない。

    【ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wwwi.netwave.or.jp)

    中華思想のプライドが邪魔して、
    外国からナニかを取り入れる柔軟性に欠けたってことを言いたいのかな?

    他にもいろんな要素があると思うけど…


    1 ■忍【LV14,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :20/08/03(月)18:34:09 ID:???


     古代中国は、日本から遣隋使・遣唐使を派遣されるほど発展していたのに、いつから日本に遅れを取ってしまったのだろうか。
    中国メディアの百家号は29日、「清の時代から日本に遅れを取るようになった」とする記事を掲載した。
    日本は江戸時代にすでに「蘭学」があったことが大きな要因だとしている。

     記事は、「江戸時代の日本は社会の発展の度合いとしては中国より劣っていた」と紹介。しかし当時の日本は鎖国の中にあっても出島を通してオランダと接触することができたため、「蘭学」を学ぶ機会にも恵まれたという。
    蘭学は、日本に医学、天文学、物理学、化学といった知識、測量や砲術など国防軍事関連の学問、それに世界地理や西洋の歴史など、
    西洋の様々な知識を日本に与えてくれたと紹介した。

     一方の清には、「蘭学」を学ぶ環境が整っていなかったと記事は指摘。中国には「他から学ぶ姿勢」も欠けており、蘭学に接する
    機会はなかったものの、英国から学ぶ機会があったにもかかわらず、自負が強かった中国は「外国から学ぶことはない」と自らその
    扉を閉じてしまったと分析した。そのため、清王朝末期に「洋務運動」と呼ばれる西欧化政策を行ったものの、明治維新とは違って
    失敗に終わったと伝えた……(以下略)


    サーチナ 8月3日
    http://news.searchina.net/id/1691564?page=1

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 112◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594350069/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------

    【【話題】あぁ、我が国は「清の時代から日本に遅れ始めた」、日本は江戸時代に「蘭学」を・・・=中国[R2/8/3]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bushoojapan.com)

    アヘンか…

    イギリスは中国の茶と絹を大量に欲したけど、
    中国では綿製品は間に合ってるし、工業機械には見向きもしない…
    だから、当時イギリスはとんでもない輸入超過で貿易赤字。

    だからってその解消に、麻薬売りつけなくてもねぇ…


    1 令和まで@13:47:11 :平成31年 04/30(火)10:12:49 ID:Utj

    こマ?やっぱ紳士だわ

    【イギリス「清くん!ワイが気持ちよくなる葉っぱあげるで!」】の続きを読む

    このページのトップヘ