ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    近現代

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    欧米列強および明治維新以後の日本

    これらの諸国の大きな共通点は、
    国民に強い民族意識を植え付け、
    国民皆兵(徴兵制)による強固な常備軍を持ちえたこと。

    アメリカ合衆国の場合は、国家意識と読み替えても良い。

    ロシア帝国は列強の一国であるが、
    その要素に不安があり、潜在的国力の割には精彩を欠き、
    オスマン帝国はさらにその不安要素が大きい・・・

    ましてや異民族による征服王朝である清王朝では、
    国民の大部分を占める漢民族をフルに活用することが絶望的。

    19世紀初頭にフランス革命のようなものが起こり、
    同じように推移して、運良くナポレオンのようなリーダーが現れれば、
    あるいは・・・w


    1 風吹けば名無し :2021/09/01(水) 13:37:33.10

    どうすればええやろか

    【19世紀中国の歴史に介入して、WW前に欧米列強に並ぶ覇権国家にしなさい←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mutsu.me)

    なかなか興味深い。
    ぜひ一度読んでみたいね。

    「蜀を中国国民党に、魏を腐敗した北洋軍閥に、孔明の北伐を国民革命軍のそれに擬えた」

    まあ過度な期待はせずに、ね・・・w


    1 無名武将@お腹せっぷく :2021/01/28(木) 15:12:43.20

    『反三国志演義』(はんさんごくしえんぎ)は、周大荒によって執筆された三国志物の小説。通称『反三国志』。
    新聞『民徳報』において1924年に連載開始され、1930年に完結した。

    中国四大奇書の一つである『三国志演義』をベースにしながらも、周大荒自身が北京市内の古書店で購入した『三国旧志』なる怪しい古文書などをヒントにして書かれたとされている。

    後の王朝が正統と認めた歴史書である正史には、しばしば編纂を行った王朝にとって都合の悪い記録などが削除されるなどといった改変が行われることにより、事実と異なることも記載されていることがあるので、その結果として闇に葬られてしまった事実を記した野史が『三国旧志』という古文書であるとして物語を始める。
    なお『反三国志演義』という名称通り、『三国志演義』も創作であるとして切り捨てている。

    物語は『三国旧志』を古書店で見つけた時に、すでに冒頭部が失われてしまっていたためという理由で、『反三国志』は曹操が徐庶の母を捕らえて徐庶を魏に呼び寄せようとする計略が失敗するところから始まる。
    そして『三国志』や『三国志演義』とは反対に劉備や諸葛亮らの蜀漢が三国を統一するという内容となっている。
    また、時代に関係なく三国志終盤の武将(姜維や鄧艾、鍾会など)が物語初期からの武将である関羽や張飛等と共に登場する。
    さらに、劉禅は暗殺され、劉諶が劉備の跡を継ぐことになっている。
    また、『三国志』にも『三国志演義』にも存在しない本作オリジナルの人物として、馬超の妹で趙雲の妻となる女武将「馬雲?」が登場する。

    周大荒が当時の政情に鑑みて、蜀を中国国民党に、魏を腐敗した北洋軍閥に、孔明の北伐を国民革命軍のそれに擬えたとする説もある。
    物語内にもたびたび当時の政治家や軍閥への皮肉が登場する。

    【反三国志演義について語りましょう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 taiwan-daisuki.com)

    そうなのかね?


    1 風吹けば名無し :2020/11/29(日) 16:21:59.37

    皆も中共に感謝して飯食うんやで

    【国共内戦で蒋介石が勝ってたら日本ってここまで発展しなかったよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 historyjapan.org)

    ダラダラでもなんでも、
    旧陸軍将兵の過半数以上が大陸に釘付けにされたんだから…

    大変なことだよ。


    1 名無しさん@おーぷん :20/12/10(木)17:11:32 ID:WRH

    けっこうない?

    【日中戦争のダラダラ感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 theme.npm.edu.tw)

    婉容皇后、ほんとお気の毒な方…

    婉容(えんよう、1906年11月13日 - 1946年6月20日)は、満州国の皇后。清最後の皇帝(宣統帝)にして満州国皇帝(康徳帝)の愛新覚羅溥儀の正妃。実家の姓からゴベイル(郭布羅)皇后とも呼ばれる。 1906年、満洲旗人のゴベイル氏(Gobeir hala、郭布爾、郭布羅、郭博勒)の栄源(Žun
    15キロバイト (2,180 語) - 2020年9月15日 (火) 12:55


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2017/12/31(日) 02:50:54.049


    (出典 i.imgur.com)
    お付き合いしたい

    【満洲国の皇后かわいすぎワロタww】の続きを読む

    このページのトップヘ