クなどとも呼ばれ、フィリピンではタバクトヨク、中国語では双節棍、両節棍(福建語の発音はnn̄g chiat kùn、ヌンチャックン、ヌンチェークン)、双截棍とも表記される。 ヌンチャクは沖縄古武術の武器として知られるが、起源には諸説がある。沖縄では馬具「ムーゲー」からの発生説が一般にはよく知られてい
17キロバイト (2,954 語) - 2021年9月3日 (金) 18:47


1 風吹けば名無し :2021/09/13(月) 14:00:05.01

その名前の武器は沖縄だ

【【文化】日本人の9割、ヌンチャクとトンファーが中国の武器だと思ってる】の続きを読む