(出典 boken.nagasaki.jp)

現代の日本と欧米の比較を並べると、その変遷ぶりも見れておもしろいかも。

真偽はともかくとして、
フロイスさん細かいところまでよく観察してるね…


1 風吹けば名無し :2018/11/17(土) 22:39:09.05 ID:V2BTFR6v0.net

『ヨーロッパ文化と日本文化』(岩波書店)
宣教師ルイス・フロイス著

ヨーロッパでは未婚の女性の最高の栄誉と尊さは貞操であり、
またその純潔がおかされない貞潔さである。
日本の女性は処女の純潔を少しも重んじない。
それを欠いても名誉も失わなければ、結婚もできる。

ヨーロッパでは娘や処女を閉じこめておく事は極めて大事なことで厳格に行われる。
日本では娘たちは両親に断りもしないで一日でも数日でも、一人で好きなところへ出かける。 

ヨーロッパでは夫が前、妻が後ろになって歩く。
日本では夫が後ろ、妻が前を歩く。

ヨーロッパでは財産は夫婦の間で共有である。
日本では各人が自分の分を所有している。時には妻が夫に高利で貸し付ける。

ヨーロッパでは妻を離別することは最大の不名誉である。
日本では意のままにいつでも離別する。
妻はそのことによって、名誉も失わないし、又結婚もできる。

ヨーロッパでは夫が妻を離別するのが普通である。
日本ではしばしば妻が夫を離別する。

ヨーロッパでは妻は夫の許可がなくては、家から外へでない。
日本の女性は夫に知らせず、好きなところに行く自由を持っている。

ヨーロッパでは男性が高い食卓で女性が低い食卓で食事をする。
日本では女性が高い食卓で、男性が低い食卓で食事をする。

ヨーロッパでは女性が葡萄酒を飲む事は礼を失するものと考えられている。
日本ではそれはごく普通の事で祭りの時にはしばしば酔っ払うまで飲む。

【戦国時代の宣教師ルイス・フロイスが見た日本とヨーロッパの比較w】の続きを読む