ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    人物像

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    神話として記述したのに
    後世、真面目に歴史として議論されては
    そりゃいろいろと矛盾も出てくるわー

    といったところでしょうかw

    建国の神話はロマンですよ、ロマン


    1 名無し募集中。。。 :2021/09/01(水) 16:43:59.78

    これが戦後まで「これが実在とか無理すぎね?」と公に言えなかったとか草

    【神武天皇さん紀元前8世紀生まれ紀元前6世紀死去 初出8世紀編算の書物ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ごく近親者には激アマ・・・

    まあ、これはそこそこいるタイプ。

    致命的なのは
    人気の出そうなエピソードに乏しいことだな・・・


    【源頼朝←この人物が人気のない理由www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rekilabo.com)

    この、囚人の「切り放ち」が
    その後、ルールとして定着したことを考えると、
    後の世の囚人まで救ったんだから

    功績は大きいよね。


    1 風吹けば名無し :2021/06/01(火) 01:01:44.95

    彡(^)(^)「独断で囚人逃したろ!!」

    石出帯刀(石出吉深)1615年-1689年
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%87%BA%E5%B8%AF%E5%88%80
    牢屋奉行

    1657年明暦の大火(10万人が死んだと言われる)に際し
    このままでは囚人が焼け死ぬと考え無断で手斧を使い牢屋を破壊

    「必ず火が収まったら戻ってくるように、そうすれば死罪の者も含め減刑されるよう命に変えても上部に伝え義理に報いる」
    「この機に乗じて雲隠れすれば必ず見つけ一族郎党処罰する」
    と伝え120人ほどの囚人を解放した
    当然これで囚人が他に犯罪など起こせば石出の首が物理的に飛ぶくらいでは済まない

    この対応に囚人達は感激し、涙を流し手を合わせ感謝しながら逃げていった
    だが鎮火後、全員が戻ってきたため囚人ながらまことに義理堅く天晴であるとし
    幕府に嘆願し囚人全員の減刑を実現

    この対応は明治の旧監獄法、現代の刑事収容施設法まで引き継がれ今日に至る

    【彡(゚)(゚)「江戸が燃えとる、このままじゃ囚人焼け死ぬなぁ…せや!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nobunaga-yabou.c.blog.ss-blog.jp)

    一の太刀をもってしても
    相手の殺意を奪うこと能わず、か

    北畠 具教(きたばたけ とものり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての大名・公家。伊勢国司北畠家の第8代当主。 享禄元年(1528年)、第7代当主で参議・北畠の長男として生まれる。 天文6年(1537年)、従五位下侍従に叙任。以後も天文21年(1552年)従四位下参議に叙任されて公卿に列し、天
    13キロバイト (1,896 語) - 2021年5月12日 (水) 16:26


    1 人間七七四年 :2021/05/19(水) 16:10:43.95

    塚原卜伝・上泉信綱の高弟。
    将軍義輝と「竜虎」と呼ばれた北畠具教(とものり)

    塚原卜伝に剣や兵法を学び、奥義である一の太刀を伝授されたといわれる。他にも上泉信綱からも剣を学んだ。
    具教は大和の柳生宗厳とは剣を通じて親交があり、上泉信綱に彼や宝蔵院胤栄を紹介するなど、剣豪たちの交流に一役買っていたといわれる。
    織田氏の刺客に襲撃された際も、太刀を手に19人の敵兵を斬り殺し100人に手傷を負わせたという。

    【【剣豪】北畠具教【一の太刀】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.risktaisaku.com)

    そりゃその当時はそうだったかも知れないね。

    お疲れ様でしたw
    明治以降、比較的悠々自適だったそうだけど、
    むべなるかな・・・


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/05/28(金) 10:39:26.799

    毎日吐いたり下痢したりしてたのかな

    【徳川慶喜って自分で江戸300年の歴史が終わるってなった時どんなプレッシャーだったんだろうな】の続きを読む

    このページのトップヘ