(出典 blogimg.goo.ne.jp)

ああ、確かに領土紛争が再燃しても不思議はないね。


1 Ψ :2020/09/19(土) 08:45:40.54 ID:HX880AAR.net

ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争

https://www.jiji.com/sp/v4?id=foresight_00105_201211290001

フォーサイト WORLD
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催されたロシアのウラジオストクで会談したロシアのプーチン大統領(左)と中国の胡錦濤国家主席=2012年9月7日【EPA=時事】
名越健郎 Nagoshi Kenro
拓殖大学海外事情研究所教授
 9月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合を開催したロシア極東のウラジオストクは、2年前の2010年、市の創設150周年を盛大に祝った。ウラジオストクはもともと中国領で、1860年の北京条約によりロシア領に移管。
帝政ロシアはこの天然の良港に、「極東を制圧せよ」を意味するウラジオストクという名前を付けた。
だが、中国の新しい歴史教科書には、「極東の中国領150万平方キロが、不平等条約によって帝政ロシアに奪われた」との記述が登場した。中国はある日突然、ウラジオストクを「中国固有の領土」として返還を要求しかねない。
中露間で歴史的なパワーシフトが進む中、ロシアにとって、尖閣問題は他人事ではない。

【ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争】の続きを読む