え、定軍山?
へえ、熱い戦いだったんやねぇ・・・w

定軍山の戦い(ていぐんざんのたたかい)は、後漢末期に、益州北部の要衝の漢中を巡って曹操と劉備の両者間で行われた戦い。演義では劉備が定軍山で夏侯淵を破った戦いを指すが、本項では漢中を巡る両者の戦闘の全容を記述する。 赤壁の戦いの後、劉備は荊州南部の四郡を占領し、ついに地盤を得て大きく飛躍するに至った。
13キロバイト (2,553 語) - 2022年4月19日 (火) 03:02

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/04/25(月) 21:13:19.286

定軍山の戦いだよな

【お前らが三国志で一番好きな戦いといえば……!!】の続きを読む