ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    実態

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rekijin.com)

    忍者とドロボウは紙一重なのか・・・(汗)

    あ、風魔小太郎は北条滅んで失業してからは盗賊だったって言いますなw


    【服部半蔵←実際に居た 猿飛佐助←実際に居た 石川五右衛門←実際に居た 霧隠才蔵←実際に居た 百地三太夫←実際に居た 風魔小太郎←架空】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

    実在はしてるけど、
    いわゆる一般にイメージされてる人物とは違いました・・・

    というのとは分けて考えないとね。


    1 風吹けば名無し :2021/02/21(日) 08:52:51.70

    聖徳太子以外に誰かいますかね

    【本当は実在してなかった歴史上の人物教えて下さい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    東日本大震災からもうすぐ10年。

    注意喚起も必要かも知れない。


    1 江ノ島 ★ :2021/01/03(日) 22:40:31.50

    関東大震災の写真 鮮明に 「ガラス乾板」見つかる 横浜

    関東大震災で被災した横浜市内の様子を撮影した写真の「ネガ」に当たる「ガラス乾板」が新たに28枚見つかり、当時の被害状況を鮮明に伝える貴重な資料として注目されています。

    新たに見つかったのは1923年に発生した関東大震災で大きな被害を受けた横浜市内を撮影した写真の「ガラス乾板」合わせて28枚です。

    鎌倉市内の住宅に保管されていましたが、横浜開港資料館が調査したところこれまでにさまざまな資料に掲載されていた写真の原板だと確認されたということです。

    この「ガラス乾板」を使うと写真を鮮明に現像することができ、当時の被害状況が克明に浮かび上がってきます。


    関東大震災から2週間ほどたったころに撮影されたとみられ、現在の中華街付近を撮影した写真では地面を覆うがれきが一つひとつの形が分かるほど鮮明になるほか、横浜駅を撮影した写真からは列車で避難しようと大勢の人がホームに詰めかけている様子が分かります。

    横浜開港資料館の調査研究員、吉田律人さんは「当時の被災状況をクリアにすることができ、さまざまなことを検証できるため非常に価値が高い」と話していました。

    発見された「ガラス乾板」は今月30日から横浜開港資料館で一般に公開される予定です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210103/k10012795551000.html






    【【写真】関東大震災のガラス乾板(ネガ)見つかる。当時の状況が鮮明に 横浜 [江ノ島★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 app.k-server.info)

    卑弥呼さまは・・・

    いる事にされてるって言うより、
    放置されてるような気がするんですけど…w


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/02/15(月) 15:31:37.755

    卑弥呼もいないんじゃね?

    【聖徳太子が実際にはいないという分かったけどそれより昔の卑弥呼はいる事にされてるのはなんで?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mag.japaaan.com)

    いったん廃止して長州征伐あたりで再開しようとしたら、
    従わない藩が続出して、幕府の威信低下が広く露見してそれで…

    という説は聞いたことがあるんだが。

    交代」と表記するが、役人が「参勤交代」と誤って記録に記述してしまって以来、このように書くのが一般的になった。 参勤交代を規定した『武家諸法度』の条文には 大名小名在江戸交替所相定也毎歳夏四月中可致参勤従者之員数…… とあり、交代は「交替」とも書かれる。 参勤交代
    30キロバイト (5,001 語) - 2020年11月2日 (月) 12:43


    1 日本@名無史さん :2016/10/16(日) 22:00:08.81

    参勤交代によって有力勢力の不満が拡大した

    つまり参勤交代によって政権交代がなされたのである

    【徳川幕府が滅んだ原因は参勤交代】の続きを読む

    このページのトップヘ