(出典 pbs.twimg.com)

実戦よりも、日本海軍の組織確立に大いなる貢献をしたイメージだね。

海軍大臣時代の日露開戦直前、
連合艦隊司令長官に東郷平八郎を直感で抜擢したというエピソードが興味深い。

あと、シブいお顔…w

山本 権兵衛(旧字体:山本 權兵衞、やまもと ごんのひょうえ/ごんべえ、1852年11月26日〈嘉永5年10月15日〉- 1933年〈昭和8年〉12月9日)は、日本の武士(薩摩藩士)、海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。栄典は従一位大勲位功一級伯爵。 元来名の読みは「ごんべえ」であるが、進水式で祝詞
34キロバイト (4,673 語) - 2021年4月11日 (日) 12:09


1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2021/02/17(水) 12:23:45.99

海軍の父で実戦経験、官僚的手腕、政治力文句なし

【山本権兵衛について語ろう】の続きを読む