ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    徳川秀忠

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ちなみに家光公は秀忠公正室の御子なんですが・・・


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/10/11(月) 00:17:57.825

    実直で優しいイメージのある秀忠だけど家康が死んでからは家康以上に冷徹になると思うと凄く怖い

    【徳川家康「秀忠!!!!」徳川秀忠「ふ、ふぇ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    それはちょい・・・

    あまりにも勉強不足じゃw


    【なんJ民「初代は徳川家康!三代将軍は家光!w(キャッキャッ」ワイ「じゃあ二代将軍は?」J「え…?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 stat.ameba.jp)

    どうでしょう。

    その際、伊達政宗の動きが一番面白そうであるが・・・


    1 人間七七四年 :2016/10/10(月) 00:48:11.56 ID:Bm7+KulJ.net

    家康が秀吉とほぼ同時期に死亡していたら
    その後の歴史がどうなったかを語りましょう

    【もし家康が関ヶ原前に死亡していたら秀忠は天下を取れていたのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nanamelog.com)

    戸次川の戦いでの大敗のイメージも大きいのだけど…

    基本的にはすごく有能な人なのよね、きっと

    仙石 秀久(せんごく ひでひさ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。信濃小諸藩の初代藩主。出石藩仙石家初代。 豊臣秀吉の最古参の家臣で少年の頃より仕え、家臣団では最も早く大名に出世した。戸次川の戦いで大敗し改易されるが、小田原征伐の活躍により許された。
    31キロバイト (5,244 語) - 2020年5月30日 (土) 19:01


    1 風吹けば名無し :2020/01/24(金) 08:58:35 ID:BvoKWlY0a.net

    仙石秀久「私が真田攻めよう言いました!!全て私の責任なんで腹切ります!!だから秀忠様を許して下さい!!」

    秀忠「せ、仙石殿…」ジーン

    家康「外様の仙石殿に切腹されてもな…」

    ーー関ヶ原

    秀忠「アカン、真田倒されへん…関ヶ原間に合わんわ、ワイは腹切りや…」ガタガタ

    仙石「!?」シュババッ

    仙石「私が真田の人質になって停戦して貰える様にお願いするんで!!秀忠様は早く関ヶ原へ!!」

    秀忠「せ、仙石殿…」ジーン

    真田「いや、だから外様のお前に人質になって貰ってもな…」

    【家康「え?お前何で遅れたん?」秀忠「…す、すいません」仙石「!?」シュババッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www2u.biglobe.ne.jp)

    4万近い秀忠軍が関が原本戦に間に合ってたら、
    開戦前から東軍はかなりの数的有利だったよね…

    そうしたら内応やら叛応やらの調略もさほど必要なくて、
    毛利やら小早川もろとも西軍全てを殲滅させてやろう…

    家康がそう考えても不思議じゃないよね。
    実際に当初はそれを狙っていたのかも。

    関が原の勝利は、あれで家康にとっては満足な勝利じゃなくて、それで
    「真田父子は許せん。秀忠のアホめ…」
    となったのかもw

    ほんと、真田父子はいい仕事したよねぇ


    1 人間七七四年 :2016/06/09(木) 15:51:35.58 ID:FnSBieWt.net

    第二次上田合戦は、信濃国の上田城と近隣の山城周辺、上田市の東部を南北に流れる神川付近などで行われた真田氏と徳川氏の戦いの総称である。
    この戦いにて真田昌幸・幸村親子は徳川秀忠軍に勝利し、足止めすることに成功。
    4万近い兵を関ヶ原の戦い本戦に遅参させるという活躍をした。

    【第二次上田合戦の真実】の続きを読む

    このページのトップヘ