ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    朝廷

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「禁中並公家諸法度」によって
    厳しく監視・干渉されていたので
    朝廷に「政治体制」なるものは無いかと・・・

    禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)は、江戸幕府が、禁中(=天皇)及び公家に対する関係を確立するために定めた制定法。禁中公家諸法度禁中公家諸法度禁中方御条目、略して公家諸法度とも。 禁中並公家諸法度(当初は「公家諸法度」)は、徳川家康が金地院崇伝に命じて起草させた法度
    17キロバイト (2,048 語) - 2022年3月3日 (木) 08:14


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/02/21(月) 16:07:33.045

    一つの国を二つの機関で統治してる二重支配的な感じ?

    【江戸時代って、朝廷と幕府の二つの政治体制があったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.rubese.net)

    朝廷そのものをどうこうしようとまでは
    思わなかったにせよ、

    「御命を縮め参らせん・・・」

    そう思ったことはないのかな?


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/05/25(火) 22:58:08.913

    なに

    【平清盛が後白河法皇を、北条義時が後鳥羽上皇を、足利尊氏が後醍醐天皇を倒さなかった訳は】の続きを読む

    このページのトップヘ