ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    武田勝頼

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    面と向かって「無能」と言われて
    一番従容としてられるのは、この中のどなたでしょうね…


    1 風吹けば名無し :2019/07/17(水) 07:20:09.11 ID:C9euADxQ0.net

    誰とは言わんが

    【「武田勝頼」「今川氏真」「北条氏政」「上杉景勝 」の中に一人本物の無能がいるよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 poliles.com)

    信玄が「ワシの死を3年隠すように」って言い残したのが
    妙な足枷になってる気もするが…

    愚痴っても仕方ないので、それを活用する方向でw

    すぐ知れ渡るだろうけど、あえて否定も肯定もしない。
    あわよくば「死んだってことだけど、ひょっとしたら生きてるかも…」
    と、疑心暗鬼にさせてやるぐらいの策動がベターかな。

    徳川への攻勢はピタっと止める。攻め取った領地はきっちり固める。
    その一方で木曽経由で東美濃の織田領にちょっかいをかけまくる。
    信長の浅井・朝倉への総攻撃を牽制、できれば延期、理想は阻止…

    以上、ワタシのサル知恵… ( 一一;)

    ええい、信玄公もどうせ遺言を残すなら
    自分の死後の戦略でも残しといてくれれば良かったものをww


    1 人間七七四年 :2019/06/11(火) 23:10:43.07 ID:HRCsEOwL.net

    何?

    【家督を継いだ武田勝頼がまずすべきこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.gamer.ne.jp)

    こりゃ斬新な着目点…

    さしずめ孔明先生が信玄公ってところか。
    その死後も無理な北伐を続行したからってわけね…

    ま、諸葛亮が存命してる時でも
    北伐は蜀の国力から見て無理があったんだけどな。

     (きょう い、建安7年(202年) - 景元5年1月18日(264年3月3日))は、中国三国時代の人物。魏・蜀漢に仕えた。字は伯約。涼州天水郡冀県の出身。父は冏。妻は柳氏。子孫に唐の恪(中国語版)がいる。 氏は代々「天水の四姓」と呼ばれる豪族だった。幼少時に、郡の功曹だった父が異民族の
    16キロバイト (3,256 語) - 2018年10月11日 (木) 13:08


    1 無名武将@お腹せっぷく :2018/11/15(木) 08:26:36.29 .net

    馬鹿な外征を繰り返して国を滅亡させた無能

    【武田勝頼と姜維って似てね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 poliles.com)

    勝頼の母方祖父でもある、
    やはり諏訪大社の神官であった諏訪頼重を
    自害に追いやったのは、武田信玄…

    武田滅亡も、その業ってことにならないかなぁ?


    1 日本@名無史さん :2018/03/27(火) 23:03:41.64 .net

    諏訪大社の神官の血を受け継ぐ偉大なる神聖である勝頼を自害に追い込んだ信長は本能寺で業に焼かれた

    【武田勝頼の神性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 now-kininaru.up.seesaa.net)

    浅井朝倉・長島一向宗滅亡による、第一次信長包囲網の崩壊…
    その状況を打破するには、直接対決で乾坤一擲の大勝利が必要…

    そのへんが、武田勝頼の決断を後押しした要因かな。


    1 人間七七四年 :2016/11/12(土) 21:14:34.87 ID:F2oYAzgO.net

    1575年6月29日(天正3年5月21日)三河国長篠(愛知県新城(しんしろ)市)において行われた、織田信長・徳川家康連合軍3万8千と武田勝頼軍1万5千との合戦。
    武田方の戦死者は山県昌景、土屋昌次、馬場信房などの信玄以来の宿将をはじめとして1万人に上ったといわれる。
    これ以後武田氏の勢力は急速に衰え、1582年(天正10年)滅亡を招いた。
    この戦いにおいて、織田・徳川連合軍が新兵器の鉄炮を組織的に使用し、騎馬戦を得意とする武田軍に圧勝した点が注目され、従来の騎馬中心の個人戦から足軽の鉄炮隊を中心とする集団戦法へ移行する画期的戦闘と評価されている。

    【長篠・設楽原合戦の真実】の続きを読む

    このページのトップヘ