ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    津軽為信

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

    すごい人なんやね。よう知らんのやけどw

    こりゃまた勉強不足…

    津軽 為信(つがる ためのぶ、旧字体:津輕爲)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。陸奥国弘前藩初代藩主。官位は従四位下・右京大夫。 津軽為信の出自には様々な説や伝承があり、南部氏支族で下久慈城主であった久慈氏の出とも、大浦守信の子とも言われる。為信の経歴は津軽
    26キロバイト (4,487 語) - 2020年10月4日 (日) 02:33


    1 風吹けば名無し :2020/01/12(日) 10:53:47.57 ID:+Vh5YB0P0.net

    1(左) 元旦にパーティしようと誘って奇襲
    2(右) 城の補修終わったからパーティしようと誘い奇襲、実は補修と見せかけて軍備を蓄えていた
    3(中) 六羽川合戦において劣勢になるも家臣が「俺が為信だ」と敵陣に乗り込み討死、お祝いムードの敵の隙をついて奇襲
    4(一) 敵城に80人のならず者を解き放ち女房・娘を犯すなどやりたい放題させる隙に奇襲
    5(三) 奮気してその日の内に和徳城を襲撃、1日に2城を攻め落とす
    6(二) 女城主に惚れたが見向きもされず戦に突入。女の死に際に「末代まで祟る」と言われ「ならばお前の墓の上に俺の墓を建てる」と謎理論で除霊宣言
    7(遊) 弘前城を櫓だと言い張る
    8(捕) 西軍敗北後、石田三成の次男と三女を匿う。三女は息子の信枚に嫁ぐ
    9(投) 弘前城の開かずの厨子に秀吉の像を数百年祀っていた

    【【誰?禁止】津軽為信の智略・逸話で打線組んだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 stat.ameba.jp)

    そうだよ。一番忘れちゃダメなヒトが抜けてるじゃん…

    もう悪いのなんのってw


    2 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] :2018/04/03(火) 20:03:33.77

    あれ?松永久秀は?

    【下剋上の有名人 津軽為信・北条早雲・斎藤道三・宇喜多直家・毛利元就、一番悪は誰?】の続きを読む

    このページのトップヘ