ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    浅井長政

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    浅井の小せがれに手を焼いておるようではなぁ…

    野良田の戦いらだたたかい)とは、永禄3年(1560年)8月中旬に近江野良田(現在滋賀県彦根市野良田町及び肥田町で行なわれた北近江の戦国大名・浅井長政軍と南近江の戦国大名・六角承禎軍合戦。この合戦で浅井長政が勝利し、浅井家北近江における覇権が確立した。 戦場場所から野良田
    7キロバイト (1,078 語) - 2020年2月8日 (土) 11:30


    【六角義賢「近江の守護です、京に直近です、家柄もそこそこです」←こいつが天下とれなかった理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 stat.ameba.jp)

    ワタシの見立てでは無能が2名おるようだが…

    他は無念が1名、無残が1名。
    あと1名は…

    好きに生きて、派手に死ねて、まあ良かったんじゃないかw


    1 風吹けば名無し :2020/04/26(日) 23:06:57 ID:rJS49IDN0.net

    誰とは言わんが

    【浅井長政 松永久秀 別所長治 荒木村重 明智光秀 ← 1人だけ無能がおるよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rekishi-ijinden.com)

    滋賀県の旧・東浅井郡が「ひがしあざいぐん」であったこと、
    それがもっとも有力な根拠なのであろうな。

    個人的には「あさい」でも良い、と思う

    え、朝倉も「あざくら」?ww


    1 名無しさん@おーぷん :20/06/25(木)16:23:41 ID:Oka

    あさいやろ?

    【浅井長政←あざいなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sengoku-battle-history.net)

    元亀元年(1570)のアレがなかったら… のIFは、
    正直もう考えるの飽きた、というか疲れる

    太閤立志伝Ⅳの浅井長政イベントは楽しそうだけどねw

    http://brightbell.main.jp/kipima/game/taikou4/asai_eve.htm


    1 名無しさん@おーぷん :20/04/30(木)21:10:59 ID:NYW

    本当の律義者だもん

    【浅井長政が裏切ってなかったら徳川政権なかったよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Anegawa_battle
    (出典 i.pinimg.com)

    浅井勢の織田軍への突撃、いわゆる「姉川十一段崩し」

    ― 織田先陣から柴田・羽柴の陣まで突き破って
    信長本陣まで浅井軍が迫り、信長ピンチ!

    その時、すでに朝倉勢を破った徳川軍が側面から浅井勢に攻め掛かり、
    一気に織田・徳川軍の勝利を決めた ―

    これ、江戸時代の「浅井三代記」だけに見られる記述らしいw

    三代将軍家光にとっては父方祖父の家康&母方祖父の浅井長政。
    この双方をスターに祭り上げようとする意図があるのかも…


    1 人間七七四年 :2015/07/04(土) 07:37:02.86 ID:IE3tWYjE.net

    戦国時代の元亀元年6月28日(1570年7月30日/グレゴリオ暦8月9日)に近江浅井郡姉川河原(現在の滋賀県長浜市野村町付近)で行われた合戦である。
    織田信長は徳川家康を味方につけ、一方で浅井長政は朝倉氏との連合軍で応戦し、結果は織田徳川の連合軍が勝利した。
    なお「姉川の戦い」という呼称は元々は徳川氏の呼び方であり、布陣した土地名から織田・浅井両氏の間では「野村合戦」、朝倉氏では「三田村合戦」と呼んだ。

    【姉川合戦の真実】の続きを読む

    このページのトップヘ