ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    源平合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

    「あれも」って…
    まさか扇かかげた美女までも? (◎_◎;)

    漕ぎ手であって欲しいなぁ
    義経だしw

    ところでコレが史実か創作かって、
    あまり論議されんな…


    1 名無しさん@おーぷん :19/09/19(木)22:46:54 ID:N0Y

    平家「おー当たったすげーやん!」やんややんや
    義経「あれも」
    那須与一「おかのした」ドシュ
    平家「」

    【平家「美女の扇射ってみや」義経「扇を射ろ」那須与一「おかのした」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)

    結局、それでも以仁王の令旨は出るだろうし、
    源頼政・木曽義仲および他の源氏の挙兵はあったと考える説が有力みたいね。

    史実よりは、平家側に勝機があったかも知れないってところかな。
    どのみち決着がつくまで、かなり長い戦乱になっただろうけど…


    1 日本@名無史さん :2014/07/06(日) 02:45:53.86 .net

    日本、平家、源氏はどうなっていたのでしょう。

    【もし清盛が、平治の乱後、頼朝の首を切っていたら?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bushoojapan.com)

    源頼朝vs.木曽義仲の抗争の間隙を突いて、勢力を大きく挽回した平氏。

    現在でいうところの神戸市中西部一帯の平野部に、
    数万の大軍を展開させておきながら、
    後白河院から平氏へ講和の提案(休戦命令)がなされ、
    それを信じて油断したところを源氏に奇襲され大敗、
    多くの一族が討たれたという説がある。

    平宗盛が戦後この休戦命令を、源氏と結託した卑劣な計略だと
    後白河院に抗議する書状を送ったそうだが、
    合戦直前に、三種の神器を都から持ち去った大罪を咎め、
    平氏追討の宣旨を出しちゃった法皇サマとしては、
    なんとしても源氏に勝ってもらわないとマズかったのだろうな…

    かくして正式に「賊軍」となった平氏ゆえに、
    敦盛も含め討ち取られた平家の公達がことごとく
    都で首渡し、つまり晒し首の獄門にかけられたのは
    なんとも陰惨な悲劇だわ…


    1 日本@名無史さん :2017/11/01(水) 00:00:15.00 .net

    義経逆落しの華やかな伝説の一方で、後白河院が平家方に和平をほのめかして油断させたとも云われる黒い側面。

    敦盛、知章ら若い公達の大量死。

    小宰相入水や公達の首渡など戦後のエピソードにも事欠かない。

    話題豊富な一ノ谷の戦いについて語りましょう。

    【【鵯越・後白河】一ノ谷の戦い【敦盛最期・首渡】】の続きを読む

    このページのトップヘ