ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.news-postseven.com)

    ねこちゃん受難… (;´Д`)


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/09/22(日) 15:48:43.06 ID:2l84sz5OM.net BE:399259198-2BP(1000)


    「猫好きの人にはかなり残酷な話になりますが、戦国大名のひとり、織田信長は“ペット”の鷹に、エサとして猫を与えていたとされています」

    そんな衝撃的な話を教えてくれたのは、歴史作家の桐野作人さんだ。戦国時代、戦国武将の間では鷹を使ってウサギやウズラなどの鳥類を捕まえる“鷹狩り”が流行した。
    なかでも、織田信長は相当ハマっていたようで、暇さえあれば鷹狩りに出かけていたという。

    「信長の鷹好きは有名で、信長との仲を深めたい大名たちは、外交手段のひとつとして、鷹や鷹のヒナを献上していました。
    『信長公記』(巻十三)によると、相模(現在の神奈川県)の戦国大名・北条氏政からは一度に13羽もの鷹が贈られたとの記述もあります
    。そのため、信長が暮らす安土城には常時、20~30羽の鷹がいたといわれています」(桐野さん・以下同)

    そんなにも多くの鷹を飼っていると、問題となるのがエサだ。鷹は生き餌を好むため、目をつけられたのが猫やニワトリなどだったという。

    奈良県・興福寺の僧侶・長実房英俊らによる『多聞院日記』には、当時の様子が次のように記述されている。

    『奈良中の猫・ニワトリを安土から捕獲に来るというので、僧坊中へみんなが隠した。鷹のエサにするためだという』

    安土とは、信長の居城・安土城があった城下町なので、“信長からの命令”で奈良中の猫が捕獲されようとしていたことがわかる。

    なぜ奈良の愛猫家たちが、興福寺に猫を隠しにきたかというと、当時、興福寺など大きな寺社は、武家など外部からの侵入や介入を拒否できる“聖域”だったからだ。

    「いわゆる“治外法権”の場所である興福寺には、天下の信長も手を出せない。自分たちの猫が連れていかれないように、かくまってもらおうと大勢の人が興福寺に猫を連れていったのでしょう。
    すでにこの頃には、猫はネズミ捕りとしてだけでなく、ペットに近い存在になっていたのかもしれませんね」

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/trend/postseven-1424712

    【第六天魔王信長さん、猫をいじめていた 興福寺でネコを匿う僧兵も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.serai.jp)

    一条天皇は、ねこ派であらせられたか。
    それにしても

    いぬの翁丸ちゃん、えらい目にあいましたなw
    かわいそう…


    1 名無しさん@おーぷん :2018/11/26(月)15:06:44 ID:3Yn

    平安時代には位階を授けられたネコもおり、『枕草子』第六段「上にさぶらふ御猫」によると、一条天皇と定子は非常な愛猫家で、愛猫に「命婦のおとど」と名付け位階を与えていた。
    ある日このネコが翁丸というイヌに追いかけられ天皇の懐に逃げ込み、怒った天皇は翁丸に折檻を加えさせた上で島流しにするが、翁丸はボロボロになった姿で再び朝廷に舞い戻ってきて、人々はそのけなげさに涙し天皇も深く感動したという話である。
    ネコに位階を与えたのは、従五位下以上でなければ昇殿が許されないためであるとされ、「命婦のおとど」の「命婦」には「五位以上の女官」という意味がある。

    【【悲報】天皇陛下、猫に官位を与えていたのを暴露される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 meow-meow.jp)

    ペルシャ帝国がエジプト第26王朝を滅ぼした、
    紀元前525年、ペルシウムの戦い。
    実際は、盾にネコの絵を描いてたんであって
    縛り付けてたわけじゃないけど…

    ねこ見てエジプトが戦意喪失して敗れたんだから
    本質は変わらんw


    1 きつねうどん ★ :2018/07/12(木) 06:50:57.25 ID:CAP_USER.net


    (出典 cdn.wanchan.jp)


    ときは紀元前525年、絶大な力を持っていたエジプト人に対しペルシア王は侵攻した。さぞ激しい戦いが繰り広げられたであろうと思うでしょうが、この戦いにおいてエジプト軍は抵抗する力もなく敗れてしまいます。その理由は、猫を盾にされて侵攻をされたからです。

    何とペルシャ軍はこの一世一代の大きな戦争にあろうことか、盾に猫を縛り付けて攻め込んできました。猫好きからすれば「何と非道な!おのれペルシャ兵め~!!!!」という気持ちでいっぱいでしょうが、それは当時のエジプト人も同じでした。罪のない猫が括りつけられた盾を攻撃などできませんでした。これにより、エジプト人は猫を盾にくくりつけて攻めてきたペルシャ兵に抵抗ができずに、あっと言う間に壊滅させられたのです。

    このペルシャ兵の奇策にまんまとハメられたエジプト人はあっけなく敗北をしてしまったのです。嘘か本当か、疑わしい話と感じるでしょうがこれはちゃんと文献にも記録されているため事実のようです。

    自分の命を犠牲にしてでも、見知らぬ猫を守ったエジプト人は猫好きの鏡のようですが、そもそもエジプト人にとって猫はどのような存在だったのでしょうか?

    なぜ猫の盾が効果絶大だったのか

    猫は神の使いとして崇められたから
    猫の女神バステト神の存在
    猫とエジプト人はとても深い関係にあります。もともとはネズミなどの小動物から穀物を守るために飼育されるようになりましたが、いつしか猫は家族のようになっていきました。実際に猫はとても大切にされ、愛猫が亡くなれば人と同じように弔いましたし、位の高い飼い主の猫ならばミイラにされていた例もあります。

    そのようにとても大切に扱われてきた猫は、いつしか神の使いとして崇められピラミッドの壁画に描かれるようになっただけではなく「バステト神」という猫の姿をした女神まで登場しました。そのため、人々にとって猫は災難から守ってくれる神の存在となっていたのです。

    そんな猫が敵の盾に括りつけられている姿を見たら...とてもではないですが攻撃はできませんよね。ちなみに当時のエジプトには「猫を殺したら死刑」という法律が存在しました。そのため火事などの災害が起きたときは人命はそっちのけで、とにかく驚いて逃げ出す猫を守ることに必死だったという記録もあります。エジプト人にとって猫とはそれほど尊い存在だったということですね。

    【猫を盾にされ古代エジプト人が敗北!ペルシャ兵のとった戦略とは】の続きを読む

    このページのトップヘ