ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    生きてたら

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blog-imgs-71.fc2.com)

    そうなると、あんな短期間に秦が滅びたかどうか…
    そして劉邦が台頭するキッカケをつかめるのかどうか…

    いろいろ状況が変わりそうよねぇ


    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/12/05(火) 09:23:11 ID:1LmK70/R0.net

    項梁が戦で死なずそのまま生きてる状態で劉邦軍団と戦ったらどっち
    が勝っていたか予想するスレです

    【項梁が生きてる状態で劉邦軍団と戦ったらどうなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    個人的に思うのは…
    黒田官兵衛でどうにもならんかったもんが、
    竹中半兵衛がおったからと言ってどうにもならんやろ…

    なまじ知恵が勝ってるばかりに、
    徳川家康に容易に弄ばれるタイプだと思いますw

    いや、それ以前に秀吉生前のうちに半兵衛VS.官兵衛の抗争が勃発した可能性も高いなぁ。


    1 人間七七四年 :2014/10/31(金) 00:27:26.92 ID:kMIdUHik.net

    もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら
    歴史は大きく変わっただろうか?

    とりあえず
    ・秀吉の暴走
    ・石田三成と黒田官兵衛の対立
    は防げただろうか?
    そして三成もおそらく半兵衛にはライバル意識を持たずにあくまで目上の人として尊重し続けただろうか?

    もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら
    歴史はどのように変わったのか?
    いろいろ推測して議論しよう

    【もし竹中半兵衛が秀吉死後まで生きていたら?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    単純に義龍が長生きした年数分、
    信長の美濃制圧、上洛etc... がそのまま遅れるとしたら
    本能寺の変もその分遅れるから、結局チャラ?w

    逆に、義龍が信長を滅ぼして、
    尾張制圧するってゆうイメージはあんまり湧かんな…


    1 人間七七四年 :2018/04/06(金) 12:51:51.64 ID:1E8or0RR.net

    信長の初期のライバル
    個人的に義龍が生きていたら
    大幅に遅れてたか不可能だったと思う

    【斎藤義龍が長生きしていたら信長は天下とれた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nanacollect.com)

    これは… いろんな想像ができるIFだね。

    率先して朝倉討伐に参加して、その旧領を任されたとしたら
    武田に対する徳川のように、対上杉は柴田勝家じゃなくて長政が務めるのだろうか…

    史実どおり朝倉旧領を勝家が任されたとしたら
    長浜を得た秀吉と同じコースをたどって、いずれは毛利征伐指揮官?

    金ヶ崎の手柄がないから、秀吉あまり出世しないかもなw
    ひょっとしたら史実の秀吉そのままに長政が中国大返しして天下人になっちゃったりして…w


    1 名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)19:45:22 ID:Dff

    市を嫁にしている以上、反明智は確定してるうえに、
    完全な信長の配下ではないから、加賀が平定されたといって、柴田みたいに上杉に喧嘩売りに行く必要はない
    琵琶湖周りは浅井の領地になってて、本能寺の変で一番に駆けつけられるわけやし、浅井が天下とってた可能性十分あるん違う?

    【でも、もし浅井長政が信長を裏切らなかったら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    戦後20年ぐらいは、IFとして盛り上がったかも知れんが、
    今となっては130歳手前。生きておるまいw

    生存説が真実なら、
    ベルリン陥落から生き延びたけど、再起することなく、
    イスラエルその他のナチ・ハンターに怯えながら、
    結構不幸な余生を過ごしたことだろうねぇ…


    1 世界@名無史さん :2015/07/06(月) 06:52:15.99 0.net

    語れ

    【アドルフ・ヒトラー生存説について語ろう】の続きを読む

    このページのトップヘ