ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    皮肉

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    よくできた奥さんみたいだなw

    ただし、空箱を賜うエピソードはそんなほのぼのしたものではない…

     (じゅん いく、163年(延熹6年) - 212年(建安17年))は、中国後漢末期の政治家。字は文若(ぶんじゃく)。豫州潁川郡潁陰県(現在の河南省許昌市)の人。『三国志』魏志「荀彧攸賈詡伝」、及び『後漢書』「鄭孔列伝」に伝がある。 若いことから才名をうたわれ「王佐の才」とも称揚され、後漢
    32キロバイト (6,260 語) - 2021年2月10日 (水) 11:28


    1 風吹けば名無し :2021/02/13(土) 14:27:17.32

    荀彧「うっかりしとったんやな!やっぱワイが支えなアカンわ!」

    【荀彧「曹操様からプレゼントやんけ!・・・なんや空やぞ?あっ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 katachann.cocolog-nifty.com)

    ベルリン五輪の聖火リレーのコースは、
    後年、ドイツ軍のバルカン半島侵攻に逆ルートとして大いに活用された皮肉もあるんだが…

    言い出したらキリがない。

    1936年ベルリンオリンピック(1936ねんベルリンオリンピック)は、1936年(昭和11年)8月1日から8月16日にかけてドイツのベルリンで行われたオリンピック競技大会。 ベルリンは1916年のオリンピック開催都市として一度は開催が予定されていたが、第一次世界大戦によって中止された。さらにドイツ
    29キロバイト (3,111 語) - 2021年1月26日 (火) 10:29


    1 名無しさん@おーぷん :19/07/14(日)07:50:06 ID:uJ0

    なんで今まで続いてるんや?
    特にヨーロッパとか嫌がらんのか?

    【聖火リレーってナチスの頃のベルリンオリンピックが最初なのに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kotobank.jp)

    「ヘロンの蒸気機関」ね。

    それはともかくとして、
    古代エジプトのピラミッド建設しかり、
    大人数の奴隷動員が結果的に技術進歩を遅らせたというのは
    有力な説としてあるのよねー

    アイオロスの球 (ヘロン蒸気機関からのリダイレクト)
    ヘロン蒸気機関ヘロンのじょうききかん、Hero engine)は羽根のない簡単な半径流蒸気タービンであり、中央の水容器を熱することにより回転する。チップジェットまたはロケットのように、タービンから蒸気を噴出することにより、その反動力でトルクを生み出す。紀元1世紀ごろ、アレクサンドリアのヘロン
    8キロバイト (834 語) - 2020年7月29日 (水) 00:00


    1 名無しさん@おーぷん :20/11/14(土)21:09:57 ID:F0X

    彡(^)(^)「でも奴隷使った方が早くて安いから要らんな!」
    なぜなのか

    【ローマ人「ボイラーに水を入れて加熱すると蒸気の力をエネルギーに変換できるんか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 stat.ameba.jp)

    そう。

    1904年8月10日の黄海海戦により、
    ロシア旅順艦隊は継戦能力を実質失っていたのだが、
    それを察知できなかった日本軍は旅順要塞強攻を敢行、
    以後半年近く多大な損害を出し続けたという皮肉…

    可能な限り第三軍を旅順要塞で釘付けにし、連合艦隊を旅順港封鎖で疲弊させる。
    ロシア側にはそんな情報戦の意図もあったのだろうか?


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2018/08/22(水) 22:19:45.54 ID:By7Reqzg0.net BE:738130642-2BP(1000)


    いざ決戦へ、錨を上げた連合艦隊 「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

    明治37年8月11日、前日の黄海海戦で敗れたロシア旅順艦隊18隻のうち9隻が旅順港に戻ってきた。
    主力の戦艦はいずれも艦影が変貌するほど破壊され、その惨状に、旅順のロシア軍関係者は言葉を失った。
    残留組だった海軍将校レンガートが、艦隊が帰港したときの衝撃を書き残している。
    「諸艦の惨状は実に目も当てられない。自分はいまだかつてかくも大損傷を受けた軍艦を見たことがない…」
    敗残の艦隊は出撃不能と判断され、その備砲は取り外されて陸戦に転用された。また、旅順港に戻れなかった9隻のうち7隻は中立国の港で武装解除され、
    2隻は逃走中に自爆した。
    ここに旅順艦隊は、消滅したのである。
    だが、東郷平八郎がそれを知るのは4カ月後、二◯三高地の陥落により港内の敵艦が掃討され、唯一港外に逃れた戦艦セバストーポリも座礁、
    航行不能となったのを、東郷自ら視認した12月19日だった。

    https://www.sankei.com/life/news/180729/lif1807290007-n1.html

    【旅順攻囲戦って何であんな無謀な作戦が罷り通ったの?】の続きを読む

    このページのトップヘ