ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    謀略

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 meow-meow.jp)

    ペルシャ帝国がエジプト第26王朝を滅ぼした、
    紀元前525年、ペルシウムの戦い。
    実際は、盾にネコの絵を描いてたんであって
    縛り付けてたわけじゃないけど…

    ねこ見てエジプトが戦意喪失して敗れたんだから
    本質は変わらんw


    1 きつねうどん ★ :2018/07/12(木) 06:50:57.25 ID:CAP_USER.net


    (出典 cdn.wanchan.jp)


    ときは紀元前525年、絶大な力を持っていたエジプト人に対しペルシア王は侵攻した。さぞ激しい戦いが繰り広げられたであろうと思うでしょうが、この戦いにおいてエジプト軍は抵抗する力もなく敗れてしまいます。その理由は、猫を盾にされて侵攻をされたからです。

    何とペルシャ軍はこの一世一代の大きな戦争にあろうことか、盾に猫を縛り付けて攻め込んできました。猫好きからすれば「何と非道な!おのれペルシャ兵め~!!!!」という気持ちでいっぱいでしょうが、それは当時のエジプト人も同じでした。罪のない猫が括りつけられた盾を攻撃などできませんでした。これにより、エジプト人は猫を盾にくくりつけて攻めてきたペルシャ兵に抵抗ができずに、あっと言う間に壊滅させられたのです。

    このペルシャ兵の奇策にまんまとハメられたエジプト人はあっけなく敗北をしてしまったのです。嘘か本当か、疑わしい話と感じるでしょうがこれはちゃんと文献にも記録されているため事実のようです。

    自分の命を犠牲にしてでも、見知らぬ猫を守ったエジプト人は猫好きの鏡のようですが、そもそもエジプト人にとって猫はどのような存在だったのでしょうか?

    なぜ猫の盾が効果絶大だったのか

    猫は神の使いとして崇められたから
    猫の女神バステト神の存在
    猫とエジプト人はとても深い関係にあります。もともとはネズミなどの小動物から穀物を守るために飼育されるようになりましたが、いつしか猫は家族のようになっていきました。実際に猫はとても大切にされ、愛猫が亡くなれば人と同じように弔いましたし、位の高い飼い主の猫ならばミイラにされていた例もあります。

    そのようにとても大切に扱われてきた猫は、いつしか神の使いとして崇められピラミッドの壁画に描かれるようになっただけではなく「バステト神」という猫の姿をした女神まで登場しました。そのため、人々にとって猫は災難から守ってくれる神の存在となっていたのです。

    そんな猫が敵の盾に括りつけられている姿を見たら...とてもではないですが攻撃はできませんよね。ちなみに当時のエジプトには「猫を殺したら死刑」という法律が存在しました。そのため火事などの災害が起きたときは人命はそっちのけで、とにかく驚いて逃げ出す猫を守ることに必死だったという記録もあります。エジプト人にとって猫とはそれほど尊い存在だったということですね。

    【猫を盾にされ古代エジプト人が敗北!ペルシャ兵のとった戦略とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    中国地方最強の謀略王ね…
    さあ、誰だろうねぇ

    全国一の謀略王なら、
    松永弾正忠久秀を置いて他にないだろうけどw


    1 日本@名無史さん :2018/04/12(木) 20:46:02.69

    中国地方最強の謀略王決定戦!

    【毛利元就VS宇喜田直家VS尼子経久】の続きを読む

    このページのトップヘ