(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

浅井の小せがれに手を焼いておるようではなぁ…

野良田の戦いらだたたかい)とは、永禄3年(1560年)8月中旬に近江野良田(現在滋賀県彦根市野良田町及び肥田町で行なわれた北近江の戦国大名・浅井長政軍と南近江の戦国大名・六角承禎軍合戦。この合戦で浅井長政が勝利し、浅井家北近江における覇権が確立した。 戦場場所から野良田
7キロバイト (1,078 語) - 2020年2月8日 (土) 11:30


【六角義賢「近江の守護です、京に直近です、家柄もそこそこです」←こいつが天下とれなかった理由】の続きを読む