ひろいあつめ@歴史まとめ

「ひろいあつめ」が「拾い集め」から「広い、厚め」になるよう
そんな歴史まとめサイトをめざしてます。(^_^;)

    関ケ原の戦い

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    この逸話は
    『島津家代々軍記』など島津家の書物にのみ
    記されているということ・・・

    大河ドラマ「葵三代」で
    すっかり有名になりましたなw


    1 風吹けば名無し :2021/07/26(月) 07:15:17.88

    豊久「おいらを疑うちょるのか?」

    元忠「お答え致しかねる」

    豊久「内府殿より一旦事ある時は伏見城を頼むと、公言仰せじゃった!!」

    元忠「聞いておらぬ」

    豊久「敵にまわっても良かとじゃなぁ!?」

    元忠「それもお答え致しかねる!!」

    義弘「これまでじゃ」

    豊久「叔父上ッ」

    義弘「家康はおいらに恥をかかせた!!」

    豊久「元忠ぁ!!島津を見くびっとじゃなかとぉ!!」

    元忠「……………」

    【島津豊久「伏見城の助太刀に参った、開門されい」元忠「笑止千万、その手には乗らぬ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)

    だらだらと大きな激突もなく終始しそう。
    福島正則あたりが抜け駆けしようものなら、上杉軍の格好の餌食か?

    家康も三成が挙兵しないとなると、どう収拾すべきか悩むところであろうな・・・


    1 人間七七四年 :2016/11/26(土) 01:28:28.90

    どうなっていたかを語りましょう
    三成は挙兵しないものとします

    【もし会津征伐が実行されていたら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nanamelog.com)

    戸次川の戦いでの大敗のイメージも大きいのだけど…

    基本的にはすごく有能な人なのよね、きっと

    仙石 秀久(せんごく ひでひさ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。信濃小諸藩の初代藩主。出石藩仙石家初代。 豊臣秀吉の最古参の家臣で少年の頃より仕え、家臣団では最も早く大名に出世した。戸次川の戦いで大敗し改易されるが、小田原征伐の活躍により許された。
    31キロバイト (5,244 語) - 2020年5月30日 (土) 19:01


    1 風吹けば名無し :2020/01/24(金) 08:58:35 ID:BvoKWlY0a.net

    仙石秀久「私が真田攻めよう言いました!!全て私の責任なんで腹切ります!!だから秀忠様を許して下さい!!」

    秀忠「せ、仙石殿…」ジーン

    家康「外様の仙石殿に切腹されてもな…」

    ーー関ヶ原

    秀忠「アカン、真田倒されへん…関ヶ原間に合わんわ、ワイは腹切りや…」ガタガタ

    仙石「!?」シュババッ

    仙石「私が真田の人質になって停戦して貰える様にお願いするんで!!秀忠様は早く関ヶ原へ!!」

    秀忠「せ、仙石殿…」ジーン

    真田「いや、だから外様のお前に人質になって貰ってもな…」

    【家康「え?お前何で遅れたん?」秀忠「…す、すいません」仙石「!?」シュババッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)

    「葵徳川三代」ではけっこう必死に止めてたよね。
    でも止まらんから…

    「勝利を夢見てるおぬしもアホだが、
    (負けるとわかって)そんなおぬしに与するワシはもっとアホじゃあ(笑)」

    かっこいいな。


    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2018/02/25(日) 19:14:38.25

    大谷吉継「いやそれおかしいから殴ってでも止める」って言うべきだった
    自分が業病で余生が短いから一緒に死んでやるっていうのは…

    【大谷吉継は関ヶ原で石田三成に味方するけどこれって本当の友達なら止めるべきだよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)

    息子さんが討ち死にしたわけではないw

    元忠さんご自身は生前、頑なに加増を断り続けたそうだから、
    その分も含めて、ね。

    鳥居 忠政(とりい ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。徳川氏の家臣。下総国矢作藩主、陸奥国磐城平藩主、出羽国山形藩主。官位は従四位下・左京亮。壬生藩鳥居家初代。 三河国渡村(現在の愛知県岡崎市)にて鳥居元忠の次男として誕生。母は形原松平家広の娘(徳川秀忠の又従兄弟)。
    6キロバイト (623 語) - 2020年9月9日 (水) 03:33


    1 風吹けば名無し :2020/03/31(火) 20:46:21 ID:s04O7tpWa.net

    三成に攻めて来させる為に僅かな兵と共に
    捨て石と知って城に篭った鳥居元忠

    その息子は関ヶ原の後に父の功績で2000石から10万石の大名に
    大阪の陣の際は江戸留守居役として戦後に22万石に加増される

    家康、秀忠の代まで元忠の供養料として毎年100石を支給されていた

    【伏見城で城を枕に討ち死にした鳥居元忠の息子さん】の続きを読む

    このページのトップヘ